Clip & Scrap

ほくほく線

2002/01/27 Sun 00:47 +09:00 その他私鉄 > ほくほく線

ほくほく線

仕事で冨山に行くことになりました。経路と手段は先方におまかせ。越後湯沢まで上越新幹線で行き、そこから「ほくほく線」とのこと。ほくほく線の名は短略路線として開通したことは聞いていました。息子に聞くと電車でGO2にも出てくるらしい。電車でGOの初めのはやらせてもらった。宮津線の風景が懐かしかったなぁ。そこでインターネットでほくほく線を検索。半分以上のサイトが電車でGO2のほくほく線の攻略法でした。狭軌最高速度で走っていることなどがわかりました。仕事の合間に時間があればということでデジタルカメラをバッグへ。

「ほくほく線」という名は近来では久々のうまいネーミングですね。○○高速鉄道、○○急行というのが最近の鉄道名ですから。募集したとホームページには出ていました。本当の名前は「北越急行」という第三セクター。しかし新幹線の乗り換え案内も「ほくほく線」、ホームページでも「ほくほく線」、覚えやすくて親しみやくていいですね。

越後湯沢と金沢方面を結ぶ特急は「はくたか」。国鉄時代から使われていた特急名がまだ生きていました。ホームページで国鉄時代の車輛485系と最新の681系が走っているのを調べていたので681系が来ればいいなっと思っていたら行きは485系。まだ在来線の特急が輝いていたころの客用扉が1両に1つの車輛です。改装はされていましたが、さすがに近くで見ると歳がわかります。485系のはくたかは停車駅も多く時間もかかりました。

帰りは681系でした。行きは仕事で4人だったのですが帰りは一人、まっ、この方が自由に車内を歩きまわれる……。681系はくたかは停車駅も少なくて速く、設備も最新、同じ運賃を払うなら681系の方がトクですね。走行音は新幹線に似ていて、ロングレールではないので在来線とわかる感じ。快適でした。乗客が少なかったのが残念ですが。

ほくほく線
485系のはくたか
ほくほく線
681系2000番台のはくたか

ほくほく線

ほくほく線

681系の運転席の連結部分は直線ではなくジグザクになっていて、車内販売の女性は大変そう。上の左が外観、中が通路、右は普通の連結部分。SREはスノー・ラビッド・エキスプレスの略。折りたたみテーブルが前の座席に付いているものと、座席に肘当てに入っているものと2種類あって便利でした。座席の色も禁煙と喫煙が色分けされていた。

左は各駅停車用の車輛HK100。ホームページにはこの車輛のペーパークラフトがダウンロードできるようになっていた。

- -

富山・福井へ再び

2012/09/17 Mon 20:03 +09:00 富山・福井・金沢

ほくほく線

富山9月の連休に、以前仕事で行って、もう一度ゆっくり行きたいと思っていた富山、福井方面へ一泊で出かけました。昨年ほどの忙しさではなかったけど、夏休みが少ししか取れなかったので、仕事を忘れてリフレッシュしたかったのです。ちょうど山登りにはまりかけていた息子も友達と立山に行くと言う。高速バスを見るとすべて予約済。それで新幹線とほくほく線に切り替え。北陸フリー切符にする。ほくほく線は自由席しかなし。だから新幹線は前の「たにがわ」にしました。ほくほく線の自由席争奪はすごく、新幹線停車と同時に駆け出すと聞いていたからです。

これは大正解で争奪戦は本当でした。自由席は2両。座ったら自由席はほとんど満席。次の「とき」に乗ってきたら自由席には座れず、富山まで立つところでした。通路も人でいっぱいの状態で発車。富山駅は新幹線の工事中で、たくさんあった在来線ホームは新幹線に譲り、少なくなっていました。駅舎も駅前もリニューアル工事中。

富山駅
大阪で見た同じ電車が、と思ったらここはJR西日本。当たり前のことでした。富山に着くと目に付いたのはカラフルな気動車。高山線用でした。正面の塗装というか塗り分けが両方向で違うのですね。最近の新しい気動車の塗装はカラフルでいいですね。

高山線

高山線 まず富山地方鉄道の2日間乗り放題のフリー乗車券を購入。4400円と安くはないのですが、全線行ってみるつもりなので、この方が安心。一緒に時刻表も渡されました。暑くなりそうなので、講習トイレで短パンに履き替え。これで動きやすくなりました。

地鉄富山駅
まずライトレール、それから福井鉄道、時間が余れば地鉄路面電車というのが予定。ホテルは富山に21時チェックインで予約なので、この方がいいとの判断です。次の日は地鉄で宇奈月に向かい、黒部峡谷鉄道に乗車。その後、地鉄巡り。帰りが最終の富山発はくたかの指定が取れていたためです。

- -

くびき野レールパーク

2012/12/14 Fri 11:09 +09:00 軽便 > 頸城鉄道

ほくほく

10月の半ばに、どこかへ行きたいなぁとウェブを見ていたら、「ホジ3、動態修復」を発見。いつか行きたいと思っていたので出かけました。新幹線で越後湯沢まで行き、ほくほく線の各停でくびき駅へ行けばいいやっと、詳しい時刻表は見ずに家から始発で出発。特急はきたのですが各停は1時間待ち。くびきに着くと割烹の名前が書かれたマイクロバスが待っていました。レールパークを目指すファンは結構いました。

開場に着くとテントが張られて、グッズや名産の販売をしていました。コッペルの蒸気機関車とホジ3が車庫から引き出され撮影会になりました。コッペルは以前西武山口線で走っているときに見てから久しぶりです。ただ、今回はホジ3が自走するというのを楽しみにきたのです。

くびき野レールパーク

くびき野レールパーク

- -

ほくほく線ゆめぞら

2012/12/17 Mon 13:21 +09:00 その他私鉄 > ほくほく線

ほくほく線

百間町のくびき野レールパークから、行きと同じでマイクロバスでほくほく線のくびき駅へ。各駅停車が来るまで特急が2本、通過していきました。ただ、北陸新幹線ができたらほくほく線はどうなるのかと思いながら各停を待ちました。来た車両は
「ゆめぞら」を映すものでしたかは。貸し切りで映すのが主ですが、1日に何本かは映しているようで、その一つでした。トンネルに入るたびに天井に動画が映し出され音楽が流れました。

ほくほく線

ほくほく線

ほくほく線ゆめぞら

越後湯沢からは各駅停車で帰るつもりだったので、しばらく駅で待ちました。そうすると115系新潟色が到着。水上行きでした。水上で高崎行きに乗り換え、また乗り換え。かなり時間がんんりましたが、いつものことで寝てました。

115系新潟色

- -

Copy Ridht © 2006 ToyTrain All Rights Reserved.