Clip & Scrap

長野駅−長野運転所

2001/04/01 Sun 13:49 +09:00 国鉄

長野駅−長野運転所
ロングランDC特急「白鳥」

デジカメで撮った比較的最近のものを載せるつもりで「くりっぷ&すくらっぷ」をつくったのですが、以前、銀塩カメラで撮った「年賀状に使った写真」を載せてしまったので、コンテンツにしようとスキャニングはしたけどコンテンツにはどうも……というような写真もここに載せることにしてしてしまいます。

この写真は長野駅から北長野寄り、長野運転所との間の風景です。1962年頃だと思います。ハーフサイズのオリンパスペンで撮影。長野駅に着いた信越線の列車は長野運転所に回送され、清掃・整備をして、また長野駅に入線するようになっていました。

父親の仕事の関係で、この線路沿いに一度住んで、転勤、また前の住んでいた家の隣に住みました。前に住んでいたときは線路沿いに金網はなく、線路に自由に出入りできたので模型飛行機を飛ばしたりした良き時代です。この時には飯山線にはC56や、クリームとブルーに塗り分けられたキハ07も単行で走っていました。しかし残念ながら、まだ自分のカメラは持っていない時代です。 2度目に住んだときには特急あさまが走るようになり、金網が張られました。

長野駅−長野運転所
長野駅−長野運転所
181系の入線、まだ碓氷峠の強調運転はしていない。
長野駅−長野運転所
165系の回送
長野駅−長野運転所
中央線はまだ未電化でキハ57が交じっていた。
長野駅−長野運転所
長野駅−長野運転所
EF62・旧塗装と新塗装

- -

長野駅−長野運転所/2

2001/04/15 Sun 13:38 +09:00 国鉄

長野駅
特急しなのとあさま
長野駅
169系急行などが並ぶ
長野駅
EF62

今度はカラーの長野駅のあさまなど。まだ新幹線が通るずっと前。あさまは強調運転になっていました。ちょうどカメラを持っていて目的もなく撮ったものですが、撮っておくものですね。

下は私が撮ったものではありません。キハ90が長野運転所に来た、というので見に行ったもの。1967年頃かなっ。

長野運転所
キハ90・長野運転所」

- -

横軽

2002/09/08 Sun 21:02 +09:00 博物館 > 碓氷峠鉄道文化むら

横軽
横軽
EF63が元気だった頃の横川駅

新幹線ができる前の軽井沢−横川間は、どの列車もEF63重連の力を借りる必要があって、特に横川は機関車の付け替え時に「峠の釜飯」を買うためホームに乗客が一斉に飛びだして行ったものです。新幹線になって在来線は廃止され、横川には新幹線も停車しない普通の駅になってしまいました。それで「碓氷峠鉄道文化むら」をつくったのもわからないでもありません。何面もあったホームは使われなくなり線路も少なくなっていました。

横軽
横軽
現在の軽井沢駅

横軽
横軽
現在の横川駅

軽井沢から横川へ行くにはバスで行くしかありません。長野駅から快速に乗って速く着いたのですが、横川行きバスは出て閉まった後で、次は1時間30分以上待たなければなりませんでした。それで食事をしつつ、レンタサイクルで草軽電鉄の廃貨車のあったところへ行ってみたのです。横川行きのバスは満員。補助椅子をつかわなければならないほどでした。

そして横川に着くと「碓氷峠鉄道文化むら」はすぐ近くで、EF63の車庫をそのまま使用。在来線の「あさま」とEF63・2連がホームにつながれてましたが屋外のためか、かなり傷んでいました。

横軽
横軽
下の建物を「鉄道文化むら」でそのまま使っているようだ

- -

五能線のハチロク

2010/07/10 Sat 10:22 +09:00 JR東日本 > 五能線

PICT0660_1.jpg

8620

ネガをフィルムスキャンでデジタル化していると、いろいろなものが出てきて、五能線の8620形蒸気機関車の混合列車がたくさん写っていました。ハチロクの後ろに貨車、そのあとに客車が3両。大きな駅で貨車の切り離しと連結をします。その様子を見ながら日本的ではない海岸線を走っていく記憶に残る旅でした。JRになって五能線も無くなるかな、と心配しましたが周辺が世界遺産に指定され、特急も走るようになって一安心。旧型客車なので、最後尾からは障害物のない写真を撮ることができます。下のディーゼルと列車交換した駅の名前はわからないですね。

五能線

- -

青森駅

2010/07/11 Sun 03:08 +09:00 国鉄

青森駅

五能線など津軽地方に行ったときに撮ったものだと思います。青森駅の青函連絡船の桟橋の写真で、連絡線も遠くに見えます。寝台特急はつかりも撮ってありました。とにかく撮っておくものだと昔のネガをデジタル化してして感じました。

はつかり

- -

特急しおじ

2010/08/12 Thu 12:41 +09:00 国鉄

山陽線急行

583系、特急しおじ

九州に行ったときに撮った写真だと思います。昭和48年で、新幹線は岡山までしか開通していない時代。その当時は、まず周遊券を購入。新幹線で岡山へ。急行の自由席なら別費用が発生しないので、それで博多まで行きました。

上の2枚の写真は、岡山を出た山陽本線の駅で、特急の追い抜き待ちの時間を利用して撮ったものだと思います。このカットの後に尾道駅が写っているので岡山と尾道の間の駅でしょう。追い抜きの特急は、夜は寝台特急となる583系の「しおじ」。撮った時の記憶は全くありません。まっ、モノクロネガをデジタル化して感じたことは、いろいろ撮っておくものだということでした。

- -

博多駅

2010/08/13 Fri 12:41 +09:00 国鉄

博多駅の島原鉄道DC

これも昭和48年夏に九州を一周したときのものです。博多駅まで乗り入れている島原鉄道のディーゼルが写っていました。当時、博多の他に鹿児島などにも島原鉄道は同規格のディーゼルを造り、増結して遠くまで国鉄に乗り入れていたのです。下はキハ58。運転台が新型になった型式を初めて見たので撮影したものだと思います。モノクロの写真をしばらく続けます。

博多駅のキハ58

- -

木曽福島機関区のC12

2010/09/06 Mon 00:35 +09:00 国鉄

木曽福島機関区のC12

木曽森林鉄道に行ったとき日曜日で列車は走らず、上松から線路を歩いていると木曽川の対岸をせわしく行ったり来たりしていたのが前後ゼブラ塗装のC12蒸気機関車。短い貨車を連結したり単機のこともありました。それで木曽福島機関区まで行き撮った写真です。木曽森林鉄道は1泊して次の日に終点の三浦ダムまで行きました。

- -

丹後山田

2010/11/03 Wed 23:21 +09:00 国鉄

丹後山田

モノクロネガをフィルムスキャナでデジタル化したものからです。現在、北近畿タンゴ鉄道宮津線の野田川駅になっている国鉄時代の丹後山田駅のディーゼルです。加悦鉄道が出ていたので、そっちの写真ばかりに眼がいっていて、今回デジタル化したら前面が湘南スタイルの珍しいキハユニ16(多分)が移っていてびっくり。駅名は丹後山田の方がいいのになぁ。

丹後山田

- -

キハ57

2011/01/03 Mon 23:03 +09:00 国鉄

キハ57

キハ57新年に高速バスで帰省。帰りに横川サービスエリアで休憩。建物がリニューアルされてきれいに。中に入るとキハ57の車体が休憩所になっていました。サボは「湯田中−上野」、キハ58ではなくキハ57になっているところがうれしい。ホームというか窓の外にはよこかわの駅名。おぎのやが作ったのかな。

- -

DD41

2012/03/18 Sun 20:51 +09:00 国鉄

DD41

以前フィルムをデジタル化したものを見ていたら、40年以上前の高校生の時の夏休み、東京へ行った時のものだと思われるものにおもしろいものが写っていました。試作ディーゼルDD41。多分……。大宮付近で走っていたものを、急行車内から撮ったと思います。カメラはオリンパスペン。現在のデジタルミラーレスのペンではなく、ハーフサイズのロングセラーアナログカメラです。

ディーゼル機関車の近代化のために、各社から試作されたうちのひとつで、アメリカGEの技術提携で東芝製。試作のときはDD12、国鉄入替機になってDD41、最後はDD90になったもの。だから私が撮ったときはDD41。撮ったときは変わったディーゼルだなっと思った記憶はありました。

- -

足尾駅のJR車両

2013/01/02 Wed 09:50 +09:00 秩父・群馬・会津 > わたらせ渓谷鐵道

わたらせ渓谷鐵道の足尾駅にはJR時代のディーゼルが残っていて、窓などに書いてある文書によると、博物館を作るために置いてあるようでした。タンカーは塗り替えたばかり。駅前にも幌を被せた保線用ディーゼルと思われる車両がありました。通洞駅には銅山観光や歴史館があるけど、足尾にはないからかな。個人的には2カ所に分けないで一つにすればいいと思うのだけど。

足尾駅

足尾駅のJR車両

足尾駅のJR車両

足尾駅のJR車両

足尾駅のJR車両

- -

小金井公園のC57186

2013/06/02 Sun 10:58 +09:00 JR東日本 > 総武・中央線

小金井公園のC57186

小金井公園のC57186

小金井公園でバーベキューをやるから来ないっと。ただ、私の家から小金井公園はかなり遠い。C57186が保存してあることがわかったので、まあいいかと行ってみました。途中から雨。着くと雨はますます多く。

雨の中、C57186を探しました。公園の端のほうに、鉄柵で囲まれていました。公開日と公開時間が限られていました。ホームもあって、塗装直しをされて綺麗な状態でした。雨の中なので写真の状態はイマイチ。

写真を見ると汽笛がなくなっていました。部品が盗難にあったので鉄柵で囲んで公開日を限定したのでしょう。たてもの館を回って帰ると雨の中なので、方向感覚がなくなってしまいました。外から都電の車体が見えました。桜の頃がいいらしいので、晴れた春の日にたてもの館とともに再度行ってみることにします。

たてもの館の都電

- -

名古屋市科学館

2014/01/25 Sat 10:48 +09:00 名古屋周辺

名古屋市科学館

名古屋へ仕事。その近くの白川公園にある名古屋市科学館に行ってみると、かなり大きな公園で、噴水とともにお台場フジテレビの最上階だけ地上に置いたような丸いものがありました。プラネタリウム。もらったパンフレットを見たらギネスにも認定されている内径35メートルという世界最大級の規模。屋外には実物大のロケットがあったけど、個人的にうれしかったのは蒸気機関車B6と名古屋市電があったこと。

B6は明治時代に大量にイギリスで設計られた鉄道作業局の名機。B6と言えば2120形が有名ですが、科学館に保存されているのはドイツハ・ノーファー社製の2400形。
空気制動を追加された姿で、国鉄で使われた後、石原産業株式会社四日市工場で使われていたものでした。石原産業株式会社で働いていた様子がYouTubeに動画でありました。かなり貴重です。ありがたいことです。

名古屋市電も動いていた姿は知りません。科学館で実物は初めて見ました。どちらも保存状態は良いです。

名古屋市電1400

蒸気機関車B6

- -

千波公園のD51

2014/04/04 Fri 00:21 +09:00 国鉄

D51

千波公園の近くにレンタサイクルがあったのでレンタル。行く前にレンタサイクルがあるとネットにあって、乗って帰るつもりだったので。マウンテンもあるとネットに出ていたけど、定番の変速のママチャリ。

D51
少し走るとD51が保存してありました。シールドビームも付いたまま保存はめずらしい。塗装し直したようできれいでした。部品を取られたりして荒らされていないのがなによりでした。

千波湖

- -

武豊町歴史民族資料館

2014/08/10 Sun 13:28 +09:00 名古屋周辺 > 名古屋鉄道

名鉄河和駅

名鉄河和線

名鉄内海駅

名鉄知多武豊駅から知多半島の名鉄を回ってみることにします。まず、河和線の終点の河和駅へ。富貴駅に戻り、知多新線の内海駅まで。知多新線は単線ですが、トンネルは複線分スペースを取ってあって高架区間が多いです。途中に大学があって若い乗客が多いです。

漢字とカタカナが混じった面白い駅名の「上ゲ(あげ)」で下車。武豊町歴史民族資料館に行くためです。普通列車が少ないので知多武豊駅から歩いて行ってもいいのですが、上ゲ駅の方が近いのと、面白い駅名を見てみたかったのです。

武豊町歴史民族資料館は、線路沿いの大きな道を知多武豊駅に戻っていくとあります。道路沿いではなく、それほど大きくない建物ので、一度通り過ぎました。バックネットがある公園を曲がるとありました。

日本油脂株式会社の武豊駅近くと武豊製造所を結んでいた、ダイナマイト運搬車が保存されているというので資料館に入ってみました。入館者は私ひとり。係員が操る機織り機の音が館内に響いていました。日本油脂専用線は電化されていて、従業員輸送用の電車も走っていたようです。モノクロの写真は、説明板に載っていたものです。日本油脂武豊工場では、現在でも火薬を製造しています。

蒸気機関車時代の武豊線の写真も展示したあります。武豊港桟橋、転車台の写真も印刷物でありました。味噌・溜についても展示資料が並んでました。

来た道を引き返します。カンカン照りの中、ずっと歩いたので途中のコンビニでアイスを購入して頬ばりました。JR武豊線と近い知多半田駅に行こうと上ゲ駅で乗車しました。

名鉄上ゲ駅

日本油脂武豊工場ダイナマイト運搬車

日本油脂武豊工場ダイナマイト運搬車

武豊町歴史民族資料館

- -

戸越公園のC12

2015/02/17 Tue 19:45 +09:00 国鉄

東急大井町線戸越公園に、C12が保存展示してあったのを思い出し寄って見ました。戸越公園駅ではなくて、細川家下屋敷跡を利用した公園です。子供たちが小さい頃連れて行ったものです。

入ったらC12は見あたらず、残された台座には「C12型蒸気機関車7号機物語」のプレートが。昭和45年、都内で初めて蒸気機関車がやってきて、平成3年に腐食が進んだので解体、部品の一部は、大井川鐵道の交換部品になったと書かれていました。子供が大きくなってからはご無沙汰だったから、かなり前に解体されたことになります。自由に車体に乗れて、当時でもかなり傷んでいましたから。

戸越園

戸越公園

戸越公園

戸越公園

- -

EF63電気機関車が連結・解放していた頃の横軽

2016/05/07 Sat 02:08 +09:00 動画 > 8ミリビデオ

8ミリビデオで録画した中から、横川でEF63を連結・解放しているシーンがあったのでまとめてみました。1989年だから平成元年6月4日。社員旅行で軽井沢に行ったときに録画したものに、夏、家族を連れて帰省したときの録画を少し加えました。電気機関車庫は今も、碓井峠鉄道文化むらの建物として残っているはずです。

現在、軽井沢駅前に保存されている草軽のデキは、当時、中軽井沢寄りの市役所前にひっそりと展示されていました。録画されていましたが動かない画面なので今回はカットです。

上下をカットしてハイビジョンサイズにして、高画質にしてみました。

- -

大蔵運動公園のC57 57

2016/11/11 Fri 13:29 +09:00 国鉄

カミサンは足が弱いので、東急コーチに乗って砧公園に行ったことがあります。細い路地をクネクネ、行ったり来たり。ものすごい時間がかかって砧公園に着きました。そのとき通ったのが砧公園の裏手にある大蔵運動公園。C57が保存してあったのがバスの窓から見えたので、一人のとき自転車で行ってみました。

以下に手入れが良く、汽笛なども取りさらわれていない。だからなのか、周りに柵もなく保存されていました。部品が盗まれたことから柵で囲まれ、時間を区切って公開している小金井公園のC57とは大違いでした。ナンバープレートもC57 57と縁起がいい。

C57 57

C57 57

大蔵運動公園

- -

西武鉄道 7号

2017/06/11 Sun 08:31 +09:00 東京周辺 > 西武鉄道

西武鉄道 7号大井町から天王洲を歩くことにしました。途中の公園に蒸機機関車が保存されていて、前に見たことのある阪貪監擦両機だとわかった。公園と一緒にリニューアルされたようで、前はなかった柵で囲まれていました。

明治30年に阪貪監察癖|了垣)がピッツバーグから輸入したもので、国有後2851号となったあと西武鉄道に払い下げられ7号機となり川越線で活躍。その後上武鉄道に転じて品川区に寄贈されたということで、西武鉄道のマークと7の数字が書かれていました。

西武鉄道 7号

西武鉄道 7号

- -

東京総合車両センター 夏休みフェア 2017

2017/08/31 Thu 13:08 +09:00 秩父・群馬・会津 > 宇都宮ライトレール

JR大井町駅近くの東京総合車両センターで夏休みフェアが行われました。近くで無料なので行ってみました。2000年と2001年にも行ったことがあって、当時は“JR大井町工場夏休みフェア”。当時は古い実車がたくさん並んでいて特別感があったのですが、ほとんどの車両が大宮鉄道博物館に収められてしまって、今回は新しい車両ばかりで、クモハ12052が1両頑張っていました。子供向けのイベントは以前より増えていて、親子連れには楽しいと思います。

東京総合車両センター 夏休みフェア 2017

東京総合車両センター 夏休みフェア 2017

東京総合車両センター 夏休みフェア 2017

東京総合車両センター 夏休みフェア 2017

東京総合車両センター 夏休みフェア 2017

- -

北鹿浜公園のC50

2017/10/03 Tue 12:58 +09:00 東京都交通局 > 舎人ライナー

舎人ライナーの西新井大師西で下車して路線バスで北鹿浜公園へ。ミニSLなどの子供向け乗物がいろいろあるので、娘の子供を連れて行ってみました。事前に調べたら蒸気機関車が保存展示してあることはわかっていたのですが、近付くとC50。

動いているいないに関わらず、見たのは初めてなので驚きました。残念ながらテンダーが塗り替えなのか、錆止め塗料のままでした。それと柵で囲われていたので、遠目で見るしかありませんでした。

月に一度、ライブスチーム蒸機の運転もあるようで、英国型蒸機が展示室に飾られていました。

舎人ライナー

北鹿浜公園C50

- -

明治村の蒸機と電車

2019/07/20 Sat 11:43 +09:00 博物館 > 明治村

いつかは行きたいと思っていた明治村。今回、犬山城周辺と併せて行くことができました。京都市電と蒸気機関車が動態保存されていることぐらいしか知らなかったのですが、その他にも静態保存されていました。

期間限定で“日本で2番目に走った電車”ということで、名古屋鉄道の路面電車、明電1号も展示されていました。動態保存で走っている元鉄道院の尾西鉄道12号蒸気機関車のほか、尾西鉄道の1号城機関車もありました。

明治村

明治村の電車

明治村の電車

明治村の蒸機

明治村の蒸機

明治村の蒸機

明治村の蒸機

- -

KATOの8620

2020/09/10 Thu 10:26 +09:00 模型

KATOのNゲージ8620東北仕様は発売が告知されたとき、これは絶対欲しいと予約しました。以前、C56発売の時に予約しないで買いに行ったら、主な模型店が売り切れ、または予約者のみ販売ということで手に入れることができなかったことがあったので。再発売まで待つことになりました。

花輪線三重連を予告ではアピールしていましたが、私は五能線の混合列車が好きです。3両も一度に購入できないという懐事情もあります。予告では煙突、ライトが変更できるとなっていましたが、花輪線貨列車セットにパーツが入っているようです。貨物列車セットにしては高価と思っていましたが、そういう理由があったのですね。貨車はいろいろ持っているので、購入予定はなかったのです。

8620東北仕様が届き開けると、私が五能線で乗車した混合列車を牽引した68656号機のナンバープレーが入っていたのでこれを付けました。東北仕様8620はデフレクターが高いタイプで、68656号機は低いタイプですが、これで良しとしましょう。早速、走らせてみました。さすがにKATO、良い走りです。9600も現在の技術で再発売してくれないかと期待しています。

KATOの8620

KATOの8620

KATOの8620

KATOの8620

- -

2代目横浜駅跡

2022/02/10 Thu 17:19 +09:00 国鉄

テレビの鉄道ひとり旅を見ていたら、2代目横浜駅跡を映していました。廃止された東急高島町駅の近くに2代目横浜駅があったとは聞いていました。廃止直後、桜木町から高島町間を歩いたとき確か東急高島町駅周辺は、工事柵で囲われていたと思います。

確かめようと横浜駅から歩いて行き、歩道橋に昇るとJR線を越した右のタイル外観のビルに2代目横浜駅跡があるようです。歩道橋を降りてJR線を潜ると右に東急高島町駅跡。左にタイル張の建物があり、手前が公衆トイレで青地に白文字で「二代目横浜駅遺構(マンション敷地内)」の案内があるのですぐわかりました。

2代目横浜駅跡 JR京浜東北線

2代目横浜駅跡

2代目横浜駅跡

2代目横浜駅跡

2代目横浜駅跡

自由に入れるようになっているので中に。説明板に完成時の姿と説明が書いてあります。以下に廃止前の東急高島町駅の様子を載せておきます。

旧東急高島町駅

旧東急高島町駅

旧東急高島町駅

- -

B6走る

2022/07/22 Fri 01:02 +09:00 動画 > GoPro10



日本工業大学工業技術博物館に動態保存されている蒸気機関車2109号は、時々、火を入れて運転を公開してます。7月のオープンキャンパスに合わせて、有火運転が公開されたので参加しました。

東武動物公園からスクールバスに乗車。普段は有料ですが、オープンキャンパスだったためか無料。40年以上前に、ライブスチーム世界大会が行われたときに、日本工業大学には徒歩で行ったことがあります。道路沿いはほとんど店がなかったと記憶してますが、現在はギッシリ建物が並んでました。

箱根登山鉄道モハ1形103号も保存されている工業技術博物館前に集合・抽選で当たった人は短い距離を、運転席に乗車できて往復運転。残念ながら私は落選。その代わりたくさん写真と動画を撮ることができました。少し雨模様だったので、晴天の時、春の桜、秋の紅葉の頃、公開があれば、また参加してみたいです。それにしても明治の蒸気機関車を保存、修復、維持されているのは大変なことだと思います。感謝と脱帽です。

箱根登山鉄道モハ1形103号

蒸気機関車2109号

蒸気機関車2109号

蒸気機関車2109号

蒸気機関車2109号

蒸気機関車2109号

- -

西武鉄道403号蒸気機関車

2022/12/31 Sat 12:57 +09:00 東京周辺 > 西武鉄道

しばらくイルミネーションを見に夜景ばかりだったので、少し太陽を浴びようということで豊洲へ。芝浦工業大学付属中学高等学校の創立100年記念事業として、西武鉄道から403号蒸気機関車が寄贈され、台座は高輪築堤が使われたものです。一般公開をしていて、いつでも見ることができるのでメトロ豊洲駅に。

西武鉄道403号機関車は、鉄道開通時に英国から輸入され高輪築堤と同時期に走りました。その後、西武鉄道の前身川越鉄道4号機関車として活躍。今は無きユネスコ村に鉄道連隊の蒸気機関車などと展示されていたものです。その後、西武鉄道で保存されていましたが、今回寄贈されたました。

豊洲駅は有楽町伸延用線路は覆われて綺麗になっていました。芝浦工業大学付属中学高等学校はゆりかもめ新豊洲駅が最寄りですが、近くなので徒歩。鉄道収集品はギャラリーで公開しているようですが、年末休みに入っていて、外に並べられたものだけ拝見。

帰りに運河まで行き、取り壊されずに残っている晴海鉄道橋を撮って帰りました。天気が良くて気持ちのいい日でした。

豊洲駅

ゆりかもめ

ギャラリー

西武鉄道403号蒸気機関車

西武鉄道403号蒸気機関車

西武鉄道403号蒸気機関車

西武鉄道403号蒸気機関車

鉄道橋

西武鉄道ユネスコ村に展示されていたときの403号。

西武鉄道403号蒸気機関車

- -

勝沼ぶどう郷と勝沼駅

2023/04/10 Mon 23:41 +09:00 JR東日本 > 総武・中央線

大月駅

大月駅に戻ると、中央線快速東京行が停車中。東京まで直通があるとは知りませんでした。理由は判りませんが全線遅延。小淵沢行は30分以上遅れて到着。

過去の中央線にはスイッチバック駅が多く存在して、勝沼駅もそのひとつ。速度アップのためスイッチバック駅は解消され、勝沼駅は勝沼ぶどう郷駅に改名されました。過去の勝沼駅ホームは桜が植えられた公園、トンネルは遊歩道として整備され、公園内にはEF64電気機関車が保存展示されています。

勝沼ぶどう郷と勝沼駅

勝沼ぶどう郷と勝沼駅

勝沼ぶどう郷と勝沼駅

勝沼ぶどう郷と勝沼駅

勝沼ぶどう郷と勝沼駅

勝沼ぶどう郷と勝沼駅

勝沼ぶどう郷と勝沼駅

勝沼ぶどう郷と勝沼駅

勝沼ぶどう郷と勝沼駅

桜は甚六桜と呼ばれ、着いたときは満開。キッチンカーが出るほど賑わっていました。過去のスイッチバックの端に階段があり、登ると現在のトンネルと並んで過去のトンネルが遊歩道に整備されていましたが、閉鎖されて入ることはできません。

勝沼ぶどう郷と勝沼駅

勝沼ぶどう郷と勝沼駅

- -

清水港線 三保駅跡

2023/04/25 Tue 23:53 +09:00 廃線跡

清水港線は弟が近くの大学に通っているとき、激励に行ったことがあります。1970年くらいだから国鉄時代。「清水港線に乗れば来れるけど、朝と夕方しか走ってないからバスの方がいい」と言われてバスで訪問。三保の松原に寄って帰りのバスの停留所に向かっているとき、清水駅からDD13ディーゼル機関車が牽く客車と貨物の混合列車が走って来た。客車は1両だったと思う。多分。そのときカメラは持っていかなかったので撮れなかったです。

清水港線三保駅跡そんな思い出もある清水港線。三保駅跡が公園になって、車両も保存されているというので寄ってみたかったのです。路線バスは思ったよりたくさん出ていました。三保ふれあい広場で下車。バス停から近くの公園なので、すぐわかります。

公園内に桜が植えられて見頃。ホームも残っていて老人二人が缶ビールを空けて花見で盛り上がっていました。噴水や津波避難タワーもありましたが整備がされていないようで、草ボウボウで、柵と車体の塗装は剥がれていました。

新清水駅に戻り鉄道線で新静岡駅へ。ツアー会社からもらっていた静岡内で使えるクーポンでお土産を買い、帰りの新幹線に乗りました。

清水港線三保駅跡

清水港線三保駅跡

清水港線三保駅跡

- -

久能山東照宮と清水港線三保駅跡の動画

2023/05/05 Fri 23:04 +09:00 動画 > GoPro10

4月3日、静岡鉄道に乗車した日、
久能山東照宮と清水港線三保駅跡地に残っている車両を尋ねた動画です。

- -

Copy Ridht © 2006 ToyTrain All Rights Reserved.