Clip & Scrap

サンライズ出雲

2014/10/28 Tue 00:52 +09:00 出雲・米子

サンライズ出雲
サンライズ出雲 サンライズ出雲
サンライズ出雲
出雲に行くならサンライズ出雲の寝台で、と以前から思っていました。10月の始めにJR目黒駅みどりの窓口に行くと「ソロ寝台がひとつ空いています」とのことで、すんなり取れました。取れないと聞いていたサンライズ出雲が取れたので、以前から考えていた出雲大社と一畑電鉄を回ろうと出発しました。米子に泊まって、次の日、井笠鉄道の遺構を巡り大阪泊。高野山に南海高野線で行き、余った時間を阪堺電車に乗ろうという予定です。

ところが東京駅でサンライズを待っていると「横浜で人身事故で遅れています。」とのアナウス。結局1時間遅れで発車しましたが、走っては止まりの連続。夜中に目が覚めたらスピードを出していました。

5時に緊急放送が入り、1時間30分遅れているので新大阪で新幹線乗り換えのため緊急停車しますと。出雲市には岡山まで新幹線。特急やくもに乗り換えて行っても10分少し早く着くだけですとのこと。サンライズに乗ることが目的だったのでそのまま乗車しました。

5時30分ごろ着く予定の岡山に7時過ぎに停車。駅弁を買おうと走りましたが列が長く買えず。サンライズの出雲と高松への分割作業には、みんなが群がっていました。

サンライズ出雲
JR米子駅は大きな駅で、ターンテーブルがそのまま残っていました。そういえば国鉄時代には後藤工場で、蒸気機関車を製造していたことを思い出しました。松江には2時間以上遅れて停車。宍道湖が現れて、木次線ホームも見えました。時間が余れば木次線か境線にも行けるかなと思っていましたが、サンライズが遅れたので諦めました。
米子駅
宍道湖
結局出雲市には2時間以上遅れて正午を過ぎて到着。定時だと9時35分着なので予定を立てていたけど、少しパスすることを決めました。隣のホームには益田行きの単行ディーゼル。とにかく空腹で駅で割子そばを食べて一畑電鉄へ向かいました。
サンライズ
出雲市駅

- -

出雲市駅

2014/10/30 Thu 11:44 +09:00 その他私鉄 > 一畑電鉄

出雲市駅

電鉄出雲市駅

電鉄出雲市駅

電鉄出雲市駅

JR出雲市駅は出雲大社を模した駅舎。ホームは高架になっても駅の顔を特徴のあるものにしているのは良いと思います。私の実家の長野駅は新幹線開通時に改修されたら普通の駅の顔に。以前は善光寺を模した駅で、駅前には菩薩の噴水があったのに。現在、北陸新幹線の延伸で工事中。どんな顔になるのだろう。

電鉄出雲市駅は、JR出雲市からすぐ近くで、こちらも高架2線のホーム。京王から来た2100系の2扉車、デハ2113+クハ2103の編成が停車中。クハは車内が木製に改装されていました。なぜか座席が全部、宍道湖と反対側を向いていました。

- -

一畑電鉄川跡駅

2014/10/31 Fri 12:44 +09:00 その他私鉄 > 一畑電鉄

一畑電鉄川跡駅

一畑電鉄川跡駅

一畑電鉄川跡駅

一畑電鉄川跡駅

電鉄一畑駅を発車すると、途中駅のホームには自転車が止めてありました。一畑電鉄は自転車の持ち込み可能で1回300円。今回、折りたたみ自転車を持って行くことも考えましたが、駅から出ての移動には助かるけど、移動時にいつも持ち歩かなければならないので、体力が落ちてきているので中止。出雲市駅など、主要駅にはレンタサイクルが置いてありました。最近は安いママチャリから電動アシストもあるようになってきました。サンライズが遅れたので利用する機会はありませんでしたが。

川跡駅で出雲大社前駅と松江しんじこ温泉駅の路線に分かれます。接続しているので3編成が並ぶことになります。跨線橋ではなく、ホームの端から踏切で移動する形なので乗客が大移動。良い風景です。

オレンジ色のばたでんカラーの制服を着た、女性電車アテンダントが各車両に乗車して、沿線を説明してくれました。男性の車掌の説明より、女性の方が良いですね。

出雲大社前駅に向かう途中の高浜駅近くには木造の出雲ドーム、一畑電車が神社の参道を横切る粟津稲生神社、沿線の保育園にはデハ3とデハ6の2両が保存されているので、下車してみようと思っていたけど、こちらもサンライズが遅れて時間がなくなりパスにしました。

- -

一畑電鉄 出雲駅大社前

2014/11/03 Mon 12:36 +09:00 その他私鉄 > 一畑電鉄

一畑電鉄 出雲駅大社前
一畑電鉄 出雲駅大社前
一畑電鉄 出雲駅大社前
一畑電鉄 出雲駅大社前
一畑電鉄 出雲駅大社前
一畑電鉄 出雲駅大社前
一畑電鉄 出雲駅大社前 一畑電鉄 出雲駅大社前

一畑電鉄出雲大社前駅には、デハニ50形・52号が保存展示されています。映画Railwaysで使用された、荷物室もある車両です。JR大社駅に行く途中、川沿いに歩くと駅舎全体が撮影可能でした。駅舎の中にもNゲージのジオラマが置かれてます。

駅舎もステンドグラスで明かりを採る建物。ばたでんグッズ売場とカフェが併設されていました。帰りにカフェで一休み。オレンジ色の光が差し込んで、エキゾチックな雰囲気になりました。

- -

JR大社駅跡

2014/11/04 Tue 13:16 +09:00 出雲・米子

JR大社駅跡

JR大社駅跡

JR大社駅跡

JR大社駅跡

JR大社駅跡

JR旧大社駅が残っていて重要文化財に指定されているので、一畑電鉄出雲大社前駅から出雲大社と反対に向かって歩いて行きます。途中、一畑電鉄の鉄橋が見える川を渡り、出雲の阿国の像が建つ道の駅の横を通ります。思ったより長い距離を歩いて左に曲がると、出雲大社を模した、結構荘厳な駅舎が見えてきました。

ほとんど廃止時のまま保存されているようで、木造の駅舎と構内を自由に見ることができます。構内にはD51蒸気機関車が保存というか、放置されていて、屋根で覆われていないので塗装ははげて悲惨な姿に。出雲市に向かう線路跡は道路に利用されているようでした。

一畑電鉄の駅の方が、後で開通したこともあり出雲大社に断然近いです。金比羅さんも琴電の方が近い位置でした。ほとんど乗り入れ列車だったので、車社会になると、遠いのは致命的だったと思われます。

- -

出雲大社

2014/11/04 Tue 19:40 +09:00 出雲・米子

出雲大社

出雲大社

出雲大社

出雲大社

昨年は大遷宮で、出雲大社と伊勢神宮の遷宮が一緒に行われました。神仏大好きなカミサンが「両方行きたい」というので、格安ツアーを私が探して行って来ました。私は忙しくて行けなかったので、今回一畑電鉄他と併せてお参りしたものです。とりあえず出雲大社の写真を載せて起きます。

大遷宮に国麿さま典子さまご成婚と続き、出雲大社についてはいろいろ報道されたので出雲大社についての説明は省きます。稲佐の浜とか日御碕神社など、神話とゆかりの地もあるのですが今回は行く時間がないと判断しました。

- -

一畑電鉄 雲州平田駅

2014/11/05 Wed 11:19 +09:00 その他私鉄 > 一畑電鉄

一畑電鉄 雲州平田駅
一畑電鉄 雲州平田車庫
一畑電鉄 雲州平田車庫
一畑電鉄 雲州平田車庫
一畑電鉄 雲州平田車庫
一畑電鉄 雲州平田車庫 一畑電鉄 雲州平田車庫

出雲大社前駅から川跡駅に戻り、雲州平田駅へ。ここは一畑電鉄の車庫があり、少し前に東急1000系が入線したので、見てみようと予定していたものです。東急は副都心線開通時に西武、東武、東京メトロ副都心線との相互乗れ入れを開始にあたり、東京メトロ日比谷線とは乗り入れを取りやめました。このため東急で日比谷線乗り入れ車両1000系が大量に余剰となり、一畑電鉄にやってきたものです。

一畑電鉄の南海から来たズームカー21000系も老朽化したので、ちょうどいい時期ではないかと思います。東急1000系はメートル車のため、地方私鉄向けの車体とも言えます。出雲に来る前に、一畑のホームページで東急の一畑塗装案の投票を行っていたので投票してから来ました。オレンジ色主体に塗られるようです。

外から車庫をみると東急の塗装そのままの車体を発見。前後に移動しても前面が確認できません。そこで踏切を渡り車庫の裏側へ周り、許可を取り前面を撮影できました。

中間車に運転台を付けた車両で、貫通幌枠が付いていますがダミーということでした。長野電鉄の元東急8500系の最近の譲渡車と同じような顔です。

一畑オリジナル車両のテハニ50形、53号は体験運転用として車庫の中にいました。体験運転は事前申し込みのため申し込みませんでした。テレビで体験運転の様子はやっていました。琴電などとともに、古い電車を、動態で保存しているのは大変なことだと思います。

- -

一畑電鉄 一畑口駅

2014/11/06 Thu 18:46 +09:00 その他私鉄 > 一畑電鉄

一畑電鉄 一畑口駅

雲州平田駅から、一畑電鉄の名前の由来となった一畑薬師参拝のための一畑口駅に向かいました。一畑薬師近くまでの路線は、戦争中のレール供出になり、そのままになっているものです。珍しい、平地のスイッチバック構造の駅です。着くと周りは暗くなり始めていました。駅の周囲を見て、次の列車を待っていると真っ暗に。

一畑電鉄 一畑口駅

一畑電鉄 一畑口駅

一畑電鉄 一畑口駅

- -

Copy Ridht © 2006 ToyTrain All Rights Reserved.