Clip & Scrap

小郡

2001/02/17 Sat 14:07 +09:00 JR

仕事で山口県の小郡に出張しました。小郡と言えば国鉄の街、山口線の蒸気機関車の機関庫があるところで有名です。 いつも仕事で行くときは時間がとれればとカメラをしのばせていくのですが、たいていはお客様が気を使ってくれて、ずっといっしょに案内してくれるのでダメなことが多いのです。

今回は何と小郡に行くならゆかりの種田山頭火の庵と、機関庫を見てきてくれと言うのです。これはおおっぴらに行けると勇んで出かけました。まず山頭火が住んでいた其中庵にでかけ、その後機関区へ。時間が押してきたので「行かなくても良いんじゃないっ」という声を押しきって行ってみました。タクシーの運転手さんが動いているから行ってみたらというので。

しかしどうやら夏の時期だけの運転のようで、展望客車は置いてありましたが、蒸気機関車の姿は全くありませんでした。 帰りは飛行機の都合で新幹線で博多経由。博多駅から空港は地下鉄でたった2駅。近くて良です。

小郡
新幹線・小郡駅ホームにはってあったC57

地下鉄のホームにステンレスの斜体で部分的に赤く塗られた車輛が入ってきました。日本ばなれしたスタイルです。JR九州の車輛は赤く塗られているのを雑誌で見ていたので、あれっ、赤いってことはもしかしてJR、と思ったらそうでした。

たいていの車輛は客用扉の内側はステンレスの地肌がむき出しなんですが、この車輛は内側もまっ赤。扉の上には英字が書かれていたり、型式ナンバーも通常の丸っこいものとは違っていて、これは気に入りました。朝早くの飛行機で来たので離陸の記憶もなく熟睡です。

博多駅から空港は地下鉄 博多駅から空港は地下鉄
福岡の地下鉄に乗り入れているJRの車輛

- -

木曾の助六

2001/02/26 Mon 14:03 +09:00 軽便 > 木曽森林鉄道

木曾の助六 木曾の助六

TMSで素晴らしい作品を発表している今野さんが発行しているKKCに「習志野市・舩橋市のナロー保存鉄道」として萩原さんが書かれていた。前日の雨がウソのように天気になったので出かけてみた。JR津田沼駅から徒歩で行く森林公園に保存されていた。

酒井製のディーゼル機関車と車体に小さく「助六」と書かれた客車。簡単なホームもあって、田嶌停車場の立札もある。実際に使われていた立て札かどうかは不明。かなり汚れていて柵で囲ってあるのはしかたがないが、運材車とあわせて木曾の雰囲気は味わえる。こんなところに木曾の車輛があるとはしらなかった。

自転車に乗った子供が「わっ、電車がある。」と寄っていった。今の子は電車しか見たことがないからみんな電車と思うのだなと不思議な気持になる。小さな公園ですが、野鳥も来ているようで、しばらくのんびりできました。

木曾の助六

- -

Copy Ridht © 2006 ToyTrain All Rights Reserved.