Clip & Scrap

名古屋市科学館

2014/01/25 Sat 10:48 +09:00 名古屋

名古屋市科学館

名古屋へ仕事。その近くの白川公園にある名古屋市科学館に行ってみると、かなり大きな公園で、噴水とともにお台場フジテレビの最上階だけ地上に置いたような丸いものがありました。プラネタリウム。もらったパンフレットを見たらギネスにも認定されている内径35メートルという世界最大級の規模。屋外には実物大のロケットがあったけど、個人的にうれしかったのは蒸気機関車B6と名古屋市電があったこと。

B6は明治時代に大量にイギリスで設計られた鉄道作業局の名機。B6と言えば2120形が有名ですが、科学館に保存されているのはドイツハ・ノーファー社製の2400形。
空気制動を追加された姿で、国鉄で使われた後、石原産業株式会社四日市工場で使われていたものでした。石原産業株式会社で働いていた様子がYouTubeに動画でありました。かなり貴重です。ありがたいことです。

名古屋市電も動いていた姿は知りません。科学館で実物は初めて見ました。どちらも保存状態は良いです。

名古屋市電1400

蒸気機関車B6

- -

リニア鉄道館

2014/02/02 Sun 09:54 +09:00 JR > JR東海

名古屋の仕事が終わって時間があるので、あおなみ線でリニア鉄道館に行くことにしました。息子が名古屋にいるときに行ったとき、空いた時間をリニア鉄道館に行くか、三岐鉄道に移った北勢線か迷って、北勢線を選んでいたのです。

桜通り口で仕事は解散。あおなみ線の改札を探すのですが、見あたらない。駅構内をグルグルまわって、太閤通口に出るとあおなみ線の矢印の下にリニア鉄道館の文字が見えたので、そちらに向かいました。

終点の金城ふ頭に近づくと117系のオリジナル塗装が屋外展示されているのが見えました。下車して近くに行くと休館の張り紙。建物は名古屋市のもののようでモノづくり文化交流展と書かれていました。まっ、仕事のついでだったので調べなかったのがいけなかった。

建物の後ろに見える長いきれいな橋は名港トリトン。休館とわかっていたら別の所へ行けば良かったと、しばらくボーとして、途中にコンテナが3駅に渡って積まれていた名古屋貨物ターミナルに行くことに切り替えました。

リニア鉄道館

リニア鉄道館

リニア鉄道館

- -

あおなみ線

2014/02/16 Sun 10:22 +09:00 その他私鉄 > あおなみ線

あおなみ線

あおなみ線

あおなみ線

休館だったJR東海のリニア鉄道館に行くときに乗ったあおなみ線です。正式名は名古屋臨海高速鉄道株式会社。ほくほく線やりんかい線と同じ。最近、開業すると高速鉄道と名乗るのも同じですね。

ワンマン運転でホームドア付き。車両の特長はイスが一人分ずつ分かれていること。これはいいかもしれない。広く幅を取る人がいるから。あおなみ線なので車両も駅もブルーを基調としていました。

- -

名古屋貨物ターミナル

2014/03/03 Mon 01:56 +09:00 その他私鉄 > あおなみ線

桃太郎

桃太郎

入口まで行って休館がわかったリニア鉄道館から、コンテナーがズラリ並んだ名古屋貨物ターミナルへ。あおなみ線の4駅間に併行して線路が引かれています。コンテナーはJRFのものがほとんどで、私有、冷凍はほとんど見ることはなかったです。吹きさらしのが寒い風の中、EF210桃太郎のステップに作業員が丸まって腰掛けて出発を待っていました。

- -

リニア鉄道館

2014/07/31 Thu 09:47 +09:00 JR > JR東海

リニア鉄道館

リニア鉄道館

リニア鉄道館モハ52

リニア鉄道館

岐阜から快速で名古屋へ。駅のきしめんで昼食。あおなみ線乗場は端にあってわかりにくいのですが、前に迷っていたので、今回はスムーズに乗り場へ。入場料は1000円。

私がもっとも見たかったのはモハ52。飯田線や模型で見てはいましたが復元された本物と車内を確かめたかったのです。しかしリニア鉄道館は入れるのは扉付近だけ。それも床は透明ビニールで覆われていました。他の中に入れる展示もほとんどそうでした。

鉄道館の奥には花魁車のオヤ31などが並んでいるのですが、ガラスの柵があって正面しか見えない展示。側面は見えません。私が行った鉄道関係の展示では最悪と思えました。部品盗難などマナー対策もあると思いますが、係員が多いようだったので、それで充分ではないかと。

屋外の117系は車内に入って飲食自由となっていましたが、中に入る気になれず帰りました。

あおなみ線

- -

JR大府駅

2014/08/01 Fri 01:33 +09:00 JR > JR東海

リニア鉄道館にガッカリして、名古屋駅の地下街で食事をして、予約してあるビジネスホテルへ。朝5時半ごろ起きて、6時にはチェックアウト。名古屋駅の東海道線の大府方面のホームに6時半ごろには出ました。

通勤時間帯が始まって中央線は超満員。大府駅で下車して武豊線ホームに移動。武豊から来るディーゼルは、朝はほとんど名古屋行きの快速で、中央線に乗り入れていました。

武豊線に行こうと思ったのは、東海道線を敷設するための資材を、港から運んだ名古屋地域では初めの鉄道なので、当時の施設がそのまま残っていること。以前、名鉄で名古屋から豊橋に向かったとき、併走するJRの車両がパンタグラフのない車両で、電車に負けないスピードだったので興味を持ちました。それと武豊線の電化工事が始まったので、その前にディーゼルが走る姿を見たかったのです。

大府を出ると東海道線を越えて武豊に向かいます。右手に貨物船の線路が見えました。開通当時の線路だそうです。大府駅には、太平洋セメントのホキ1000の長い編成のをEF210桃太郎が牽引していました。

JR大府駅

JR大府駅

武豊線旧線

- -

JR亀崎駅

2014/08/02 Sat 23:40 +09:00 JR > JR東海

JR亀崎駅
武豊線のJR亀崎駅は、国内最古の現役駅舎で有名です。外観は補強・改装が少しされていて明治時代の駅舎とは思えません。駅舎内に入ると柱や補強材を見ると、年代を感じさせます。駅舎内は通勤時間で学生が多く、撮影はやめました。駅舎の外にも車が停車していて移動してくれませんでした。自動販売機も駅舎から話せばいいのにと思います。

JR亀崎駅
ホームの列車交換風景です。左は名古屋行き。右は名古屋からの快速。両方ともキハ75形で、朝夕の名古屋直通はキハ75形、昼間の閑散期は武豊線のみでキハ25形が使われているようです。キハ75は優等列車のような正面で、重厚感があります。

写真のように架線は全線工事が終わっていました。武豊駅で、運転手さんに聞いたら「変電所がまだなので、3月から電車が走る」とのことでした。

JR亀崎駅
古いホームを利用した駐輪場には「武豊線 複線電化 高架 早期実現」の看板がかかっていました。「複線電化 高架」が色褪せて見えなくなっていて月日を感じさせます。電化は分かるけど複線と高架もは欲張りではと思いましたが、後でこの意味がわかりました。

- -

JR半田駅

2014/08/04 Mon 12:04 +09:00 JR > JR東海

JR半田駅

JR半田駅

JR半田駅

JR半田駅 JR半田駅

JR半田駅は武豊線の中でも大きな駅で、駅舎を出ると、知多半島酪農発祥の地の石碑、ごんぎつねの新見南吉のふるさと、ミツカンの本社がある酢の里などの立看板が見えました。

今回の目的はJR最古の跨線橋とレンガ作りのランプ小屋。跨線橋は幅が狭いのですが、手入れも良く、良い風貌ではありました。手前に車が駐車しているのが、見る側からすると惜しいところです。駅舎も古いもののようで、木製の柱がしっかりくまれていました。

大府寄りに保存されている蒸機の姿が見えます。行ってみることにします。

- -

Copy Ridht © 2006 ToyTrain All Rights Reserved.