Clip & Scrap

JR大府駅

2014/08/01 Fri 01:33 +09:00 JR > JR東海

リニア鉄道館にガッカリして、名古屋駅の地下街で食事をして、予約してあるビジネスホテルへ。朝5時半ごろ起きて、6時にはチェックアウト。名古屋駅の東海道線の大府方面のホームに6時半ごろには出ました。

通勤時間帯が始まって中央線は超満員。大府駅で下車して武豊線ホームに移動。武豊から来るディーゼルは、朝はほとんど名古屋行きの快速で、中央線に乗り入れていました。

武豊線に行こうと思ったのは、東海道線を敷設するための資材を、港から運んだ名古屋地域では初めの鉄道なので、当時の施設がそのまま残っていること。以前、名鉄で名古屋から豊橋に向かったとき、併走するJRの車両がパンタグラフのない車両で、電車に負けないスピードだったので興味を持ちました。それと武豊線の電化工事が始まったので、その前にディーゼルが走る姿を見たかったのです。

大府を出ると東海道線を越えて武豊に向かいます。右手に貨物船の線路が見えました。開通当時の線路だそうです。大府駅には、太平洋セメントのホキ1000の長い編成のをEF210桃太郎が牽引していました。

JR大府駅

JR大府駅

武豊線旧線

- -

JR亀崎駅

2014/08/02 Sat 23:40 +09:00 JR > JR東海

JR亀崎駅
武豊線のJR亀崎駅は、国内最古の現役駅舎で有名です。外観は補強・改装が少しされていて明治時代の駅舎とは思えません。駅舎内に入ると柱や補強材を見ると、年代を感じさせます。駅舎内は通勤時間で学生が多く、撮影はやめました。駅舎の外にも車が停車していて移動してくれませんでした。自動販売機も駅舎から話せばいいのにと思います。

JR亀崎駅
ホームの列車交換風景です。左は名古屋行き。右は名古屋からの快速。両方ともキハ75形で、朝夕の名古屋直通はキハ75形、昼間の閑散期は武豊線のみでキハ25形が使われているようです。キハ75は優等列車のような正面で、重厚感があります。

写真のように架線は全線工事が終わっていました。武豊駅で、運転手さんに聞いたら「変電所がまだなので、3月から電車が走る」とのことでした。

JR亀崎駅
古いホームを利用した駐輪場には「武豊線 複線電化 高架 早期実現」の看板がかかっていました。「複線電化 高架」が色褪せて見えなくなっていて月日を感じさせます。電化は分かるけど複線と高架もは欲張りではと思いましたが、後でこの意味がわかりました。

- -

JR半田駅

2014/08/04 Mon 12:04 +09:00 JR > JR東海

JR半田駅

JR半田駅

JR半田駅

JR半田駅 JR半田駅

JR半田駅は武豊線の中でも大きな駅で、駅舎を出ると、知多半島酪農発祥の地の石碑、ごんぎつねの新見南吉のふるさと、ミツカンの本社がある酢の里などの立看板が見えました。

今回の目的はJR最古の跨線橋とレンガ作りのランプ小屋。跨線橋は幅が狭いのですが、手入れも良く、良い風貌ではありました。手前に車が駐車しているのが、見る側からすると惜しいところです。駅舎も古いもののようで、木製の柱がしっかりくまれていました。

大府寄りに保存されている蒸機の姿が見えます。行ってみることにします。

- -

半田市鉄道資料館

2014/08/05 Tue 01:41 +09:00 JR > JR東海

半田市鉄道資料館

半田市鉄道資料館

半田市鉄道資料館

半田市鉄道資料館

半田駅横にC11が保存されているので行ってみます。C11 265で武豊線最後の蒸機牽引列車を牽引した蒸気機関車と説明板に書いてありました。以前は半田市民ホールに保存されていたのですが、ホールの取り壊しに伴い駅近くに移転してきたということです。

そのためか、通常保存してある蒸気機関車の動輪、ロッドは銀色に塗られていて、個人的に好きではないのですが、半田のC11は今にも動き出しそうに磨き出されていました。

隣にプレハブの小さな建物があります。半田市鉄道資料館。入場は無料ですが、第1・第3日曜日のみ開館のため、中には入れませんでした。ガラス越しに見ると、いろいろな資料が並べられていました。

- -

JR武豊駅

2014/08/07 Thu 00:20 +09:00 JR > JR東海

JR武豊駅

JR武豊駅

JR武豊駅

JR武豊駅

武豊駅は無人駅。終端のレールの左が、以前、武豊港まで伸びていたのだと思われます。構内にレールは数本ありますが、使っているのはホームのあるレールのみ。

改札を出ると、駅前はロータリーになっていて、中央に銅像が建っています。高橋煕(さとし)の像。台風で線路の流失を知らせて乗客を救って、自らは殉職したという功績をたたえ建立されたものです。ちょうど私が下車したとき、小学生の1クラスが武豊線に乗ろうとして待っていたら、「あっ、お参りしなくちゃ」と次々とお参りしに来たのには驚きました。多分、学校で銅像のことを教えているのですね。

廃止された武豊港駅の方向に行ってみようと、暑い中歩き出しました。

- -

武豊港駅跡

2014/08/08 Fri 12:01 +09:00 JR > JR東海

武豊港駅跡

武豊港駅跡ターンテーブル

武豊港駅跡 武豊港駅跡

武豊港駅跡 武豊港駅跡

JR武豊駅のレールが切れている方向へ歩いていくと、JR東海管理地の看板が立てられた囲われた場所があります。さらに先は公園になっています。武豊線が開通時は、もっと海寄りに駅があって、現在の武豊駅の場所に移動。その後、貨物専用の武豊港駅として復活したけど、廃止された経緯があります。

公園がなくなると道路は大きく左折して下り坂に。多分、道路が線路跡なのだと思います。道路の両側に黒い板塀が現れてきます。やがて信号があり、右手にメリーゴーラウンドのような建物が見えてきます。武豊港駅時代に使われた転車台跡に鉄製の覆いが掛けられているのです。

蒸気機関車などのターンテーブルではなく、貨物用。小さく、十字型に線路が引かれ、木製の蓋がされています。どうやら港が直角に曲がった先にあって、線路を曲げられないので転車台を設けて対処したらしいです。効率を上げるために十字形の線路にしたと。「直角二線式転車台」と書かれていました。

おもしろいのは地元の小学生が、授業で町の歴史を調べているときに、地中に埋まっていた転車台を発見したことです。転車台の場所は「転車台ポケットパーク」と名付けられ、武豊停車場跡地の石碑、どのように使われたかの説明板、たけとよ夢回廊などと一緒に、転車台の周りに建てられています。

武豊港駅跡の向かいは「みそ蔵の小径」なので、黒い蔵の間を歩くことにします。それほど大きくない味噌・たまりの製造元が点在して、近くに行くと、しょっぱい麹のにおいが漂ってきます。江戸時代、和歌山、千葉と並んで醤油の産地だったことは知りませんでした。武豊だけはなく知多半島は発酵食品のメーカーが数多くある地域ということは、来るまで知りませんでした。

武豊港駅跡

味噌・たまり

味噌・たまり

- -

名鉄知多武豊駅

2014/08/09 Sat 12:51 +09:00 その他私鉄 > 名古屋鉄道

武豊港跡から来た道をJR武豊駅方向に戻り、手前で左折。30分ほど歩くと商店が多くなり名鉄河和線の踏切になります。JR武豊駅の昭和の町並から現代の街並になった感じです。車と人も多いです。河和線は複線。河和駅近くは高架駅でした。

JR亀崎駅に「武豊線 複線電化・高架 早期実現」と書かれた看板の意味が分かりました。昼でも名古屋直通の特急が走り、ダイヤ密度も高く乗客も多いです。名鉄の電化・複線をずっと見ているとそういう気持ちになると思います。

ここから名鉄河和線と知多新線に乗ってみることにします。

名鉄知多武豊駅

名鉄知多武豊駅

名鉄知多武豊駅

名鉄知多武豊駅

- -

武豊町歴史民族資料館

2014/08/10 Sun 13:28 +09:00 その他私鉄 > 名古屋鉄道

名鉄河和駅

名鉄河和線

名鉄内海駅

名鉄知多武豊駅から知多半島の名鉄を回ってみることにします。まず、河和線の終点の河和駅へ。富貴駅に戻り、知多新線の内海駅まで。知多新線は単線ですが、トンネルは複線分スペースを取ってあって高架区間が多いです。途中に大学があって若い乗客が多いです。

漢字とカタカナが混じった面白い駅名の「上ゲ(あげ)」で下車。武豊町歴史民族資料館に行くためです。普通列車が少ないので知多武豊駅から歩いて行ってもいいのですが、上ゲ駅の方が近いのと、面白い駅名を見てみたかったのです。

武豊町歴史民族資料館は、線路沿いの大きな道を知多武豊駅に戻っていくとあります。道路沿いではなく、それほど大きくない建物ので、一度通り過ぎました。バックネットがある公園を曲がるとありました。

日本油脂株式会社の武豊駅近くと武豊製造所を結んでいた、ダイナマイト運搬車が保存されているというので資料館に入ってみました。入館者は私ひとり。係員が操る機織り機の音が館内に響いていました。日本油脂専用線は電化されていて、従業員輸送用の電車も走っていたようです。モノクロの写真は、説明板に載っていたものです。日本油脂武豊工場では、現在でも火薬を製造しています。

蒸気機関車時代の武豊線の写真も展示したあります。武豊港桟橋、転車台の写真も印刷物でありました。味噌・溜についても展示資料が並んでました。

来た道を引き返します。カンカン照りの中、ずっと歩いたので途中のコンビニでアイスを購入して頬ばりました。JR武豊線と近い知多半田駅に行こうと上ゲ駅で乗車しました。

名鉄上ゲ駅

日本油脂武豊工場ダイナマイト運搬車

日本油脂武豊工場ダイナマイト運搬車

武豊町歴史民族資料館

- -

Copy Ridht © 2006 ToyTrain All Rights Reserved.