Clip & Scrap

ほくほく線

2002/01/27 Sun 00:47 +09:00 その他私鉄 > ほくほく線

ほくほく線

仕事で冨山に行くことになりました。経路と手段は先方におまかせ。越後湯沢まで上越新幹線で行き、そこから「ほくほく線」とのこと。ほくほく線の名は短略路線として開通したことは聞いていました。息子に聞くと電車でGO2にも出てくるらしい。電車でGOの初めのはやらせてもらった。宮津線の風景が懐かしかったなぁ。そこでインターネットでほくほく線を検索。半分以上のサイトが電車でGO2のほくほく線の攻略法でした。狭軌最高速度で走っていることなどがわかりました。仕事の合間に時間があればということでデジタルカメラをバッグへ。

「ほくほく線」という名は近来では久々のうまいネーミングですね。○○高速鉄道、○○急行というのが最近の鉄道名ですから。募集したとホームページには出ていました。本当の名前は「北越急行」という第三セクター。しかし新幹線の乗り換え案内も「ほくほく線」、ホームページでも「ほくほく線」、覚えやすくて親しみやくていいですね。

越後湯沢と金沢方面を結ぶ特急は「はくたか」。国鉄時代から使われていた特急名がまだ生きていました。ホームページで国鉄時代の車輛485系と最新の681系が走っているのを調べていたので681系が来ればいいなっと思っていたら行きは485系。まだ在来線の特急が輝いていたころの客用扉が1両に1つの車輛です。改装はされていましたが、さすがに近くで見ると歳がわかります。485系のはくたかは停車駅も多く時間もかかりました。

帰りは681系でした。行きは仕事で4人だったのですが帰りは一人、まっ、この方が自由に車内を歩きまわれる……。681系はくたかは停車駅も少なくて速く、設備も最新、同じ運賃を払うなら681系の方がトクですね。走行音は新幹線に似ていて、ロングレールではないので在来線とわかる感じ。快適でした。乗客が少なかったのが残念ですが。

ほくほく線
485系のはくたか
ほくほく線
681系2000番台のはくたか

ほくほく線

ほくほく線

681系の運転席の連結部分は直線ではなくジグザクになっていて、車内販売の女性は大変そう。上の左が外観、中が通路、右は普通の連結部分。SREはスノー・ラビッド・エキスプレスの略。折りたたみテーブルが前の座席に付いているものと、座席に肘当てに入っているものと2種類あって便利でした。座席の色も禁煙と喫煙が色分けされていた。

左は各駅停車用の車輛HK100。ホームページにはこの車輛のペーパークラフトがダウンロードできるようになっていた。

- -

冨山地鉄の夜

2002/02/03 Sun 00:37 +09:00 その他私鉄 > 富山地方鉄道

冨山地鉄

冨山の天気は変わりやすい。小雪が舞う越後湯沢からほくほく線に乗れ替え、しばらくすると陽が出てきました。いい天気になって良かったと話していると富山駅着。昼食を食べて外へ出ると、みぞれまじりの雨。仕事先でも晴れたり曇ったり時々雪なので「いつもこんなに天気がかわりやすいのですかっ」と訊ねたら「まぁ、こんなもの」といわれました。立山のすぐ近くに冨山湾があるからかなっ。

仕事が終わったのは5時前。東京に帰るための最終列車は事前にチェック済み、1時間半は自由になそうなので、冨山地方鉄道に向かいました。富山地方鉄道は長野電鉄1000系1500系と同型の車輛を日本車輌で製造していたり、2000系特急車と似た10020形も日本車輌で製造していて以前から興味があったのです。

電鉄富山駅で日は落ちて暗くなっていたのですが、せっかく来た冨山です。工場のある稲荷町へ。京阪から来た10030形の改軌はここで行われているようです。これも営団地下鉄から来た3500系の改造を須坂の工場で行っている長野電鉄と同じですね。以前の塗り分けとは違う、イエローとグリーンの車輛がほとんどになっていました。個人的には前の塗り分けの方が好きなんですが。

稲荷町工場に他とは違う塗装の車輛が、よく見ると西武鉄道の特急レットアローでした。富山地方鉄道に譲渡されたのを知りませんでした。3両編成で塗装も西武鉄道時代そのまま。前面には急行の文字が。富山地方鉄道も他の地方私鉄の例にもれずワンマン化されていました。ほとんどの車輛がクロスシートなので一部のシートを撤去して運賃箱を置く方法。運賃表示板はどこもだいたい同じですね。明るいときに来て、もっといろいろ行きたかったのですが時間がなくなってきたので富山駅にもどりました。

冨山地鉄
左は従来の塗装、右は元京阪の車輛
冨山地鉄
元京阪の車輛の室内。運転席の左後の座席が取り払われて運賃箱が置かれている。
冨山地鉄
元西武鉄道レッドアロー
冨山地鉄
電鉄富山駅にあったサボ

- -

冨山地鉄の路面電車

2002/02/11 Mon 00:31 +09:00 その他私鉄 > 富山地方鉄道

冨山地鉄の路面電車

冨山地方鉄道は冨山地方の私鉄が合併してできたらしい。その中に路面電車もあります。以前は専用線を路面電車のような車両が2両連結で走っていた「射水線」もありましたが、廃止されて現在は「市内線」のみ。射水線は写真で見たら花巻電鉄のようで行ってみたかった路線のひとつだったのです。一方市内線は新車も増備されていてガンバっていました。

冨山地鉄の路面電車市内線は駅をはさんで「コ」の字形に曲がっていて、一度線路を渡って少しあるくとまた電車が通っていて「あれっ」という感じでした。新車はまで広告を屋根には乗せていませんでしたが、古参の車両は屋根に電飾の広告を乗せています。下の左が夜のカット。


昼に2度線路を横切ったときに撮ったのが下の写真写真。この他に本線と同じ黄色と緑の塗り分けの酒量も見かけました。これで揃えるのかなっ。

冨山地鉄の路面電車

- -

JR冨山駅

2002/02/17 Sun 00:24 +09:00 富山・福井・金沢

冨山からの帰り、JR冨山駅でほくほく線の特急はくたかを待つ間、いろいろな列車がやってきました。冨山駅はいろいろな路線が発着していて、上の写真は特急「北越」。確かJR東日本の車両だったかなっ。下の独得の断面の車両の写真は寝台特急電車の583系を改造した普通列車。

以前、仕事で仙台に行った時に583系改造の普通列車に乗ってカメラを持っていれば……と口惜しい思いをしたことがある。当時はデジタルカメラなんて存在していなかったのです。そのうちレールバスのような単行のディーゼルがホームら着いた。これはどこへ行くのだろう……。 高山線??、冨山臨港線,??。 ほくほく線のはくたかが入線してきて確かめることはできなかった。東京にその日中に帰るためには、乗らなければならなかったので。

これで冨山の話しは終わりです。少しですが自由に動けて面白い時間を過ごすことができました。

JR冨山駅

JR冨山駅

- -

冨山地方私鉄2つの塗装

2006/12/03 Sun 16:14 +09:00 その他私鉄 > 富山地方鉄道

冨山地方私鉄


前に撮った写真を続けます。冨山に行ったのは3年ほど前。仕事でですが。富山地方私鉄、略して「ちてつ」はJRの富山駅の横からいろんな方面に出ています。塗り分けが大変そうな以前からの塗装(上の手前の車両)は数少なくて、ほとんど黄色と緑色になっていました。今も以前の塗装は残っているのかな。それにしても地鉄の型式ナンバーは桁が多い。

ホームの横には様々な形と行き先のサボが置いてあったけど、実際に付けている車両は私が見たときは走っていませんでした。少し前は地方私鉄も、オリジナル車両があって面白かったけど、最近は大手私鉄の譲渡車ばかり。

冨山地方私鉄サボ

- -

富山・福井へ再び

2012/09/17 Mon 20:03 +09:00 富山・福井・金沢

ほくほく線

富山9月の連休に、以前仕事で行って、もう一度ゆっくり行きたいと思っていた富山、福井方面へ一泊で出かけました。昨年ほどの忙しさではなかったけど、夏休みが少ししか取れなかったので、仕事を忘れてリフレッシュしたかったのです。ちょうど山登りにはまりかけていた息子も友達と立山に行くと言う。高速バスを見るとすべて予約済。それで新幹線とほくほく線に切り替え。北陸フリー切符にする。ほくほく線は自由席しかなし。だから新幹線は前の「たにがわ」にしました。ほくほく線の自由席争奪はすごく、新幹線停車と同時に駆け出すと聞いていたからです。

これは大正解で争奪戦は本当でした。自由席は2両。座ったら自由席はほとんど満席。次の「とき」に乗ってきたら自由席には座れず、富山まで立つところでした。通路も人でいっぱいの状態で発車。富山駅は新幹線の工事中で、たくさんあった在来線ホームは新幹線に譲り、少なくなっていました。駅舎も駅前もリニューアル工事中。

富山駅
大阪で見た同じ電車が、と思ったらここはJR西日本。当たり前のことでした。富山に着くと目に付いたのはカラフルな気動車。高山線用でした。正面の塗装というか塗り分けが両方向で違うのですね。最近の新しい気動車の塗装はカラフルでいいですね。

高山線

高山線 まず富山地方鉄道の2日間乗り放題のフリー乗車券を購入。4400円と安くはないのですが、全線行ってみるつもりなので、この方が安心。一緒に時刻表も渡されました。暑くなりそうなので、講習トイレで短パンに履き替え。これで動きやすくなりました。

地鉄富山駅
まずライトレール、それから福井鉄道、時間が余れば地鉄路面電車というのが予定。ホテルは富山に21時チェックインで予約なので、この方がいいとの判断です。次の日は地鉄で宇奈月に向かい、黒部峡谷鉄道に乗車。その後、地鉄巡り。帰りが最終の富山発はくたかの指定が取れていたためです。

- -

富山ライトレール

2012/09/22 Sat 21:44 +09:00 その他私鉄 > 富山ライトレール

富山ライトレール

富山ライトレール

富山ライトレール

富山駅の北口から富山ライトレールは発車します。ここから奥田中学校手前までは新しく路面電車として開通した区間。後はJR富山港線を活用した路線です。新幹線開通に合わせて工事中の富山駅が完成すると、富山駅南を走る富山地方鉄道の軌道線と接続する予定。自動車時代に路面電車区間を拡大して、それなりの乗客があるのは驚きでもあります。地方で廃止が相次ぐ私鉄のひとつの解決方法かもしれません。

ライトレールのフリー切符を購入すると、地鉄軌道線もフリー区間に含まれていました。地鉄全区間フリー切符を購入してしまったので、軌道線は重複することに。フリー切符は800円なので、まっいいか。この他にスイカ、パスモのような磁気カード「パスカ」も使えるようになっていて、富山の私鉄とバスは元気です。フリー切符は車内では発売しておらず、駅のポートラムショップで購入。トミーテックのNゲージなども発売していました。

軌道線から富山港線後に入るとかなりのスピードを出して走ります。いつものようにとりあえず全線乗車して、終点の岩瀬浜で下車。富岩運河の方へ歩いて見ました。運河の周辺は整備されていて、ヨットやポートが繋がれてデッキが続いています。その中の店で昼食。「ご当地オムライス」を注文。白エビが入っていました。

- -

富山ライトレール大広田駅

2012/09/23 Sun 11:33 +09:00 その他私鉄 > 富山ライトレール

富山湾

岩瀬浜では運河沿いに富山湾まで行ってみました。貨物船が停泊していて富岩運河とライトレールの前身富岩鉄道が物資と人を運ぶのに必要だったことがわかります。

全線乗ってみて、まず大広田駅で降りてみることにしました。列車の交換設備があるからです。暑いので駐輪場の陰で座って待っていると、おばあちゃんが「学生さん?」と声をかけられ、喜んでいいのか、悲しんでいいのか。眼が衰えていたのでしょう。

15分おきに走っているので、待っていてもすぐやってきます。少し撮ってから、次の蓮町まではカメラの望遠を最大にすると見える挙のなので、歩いて行ってみます。蓮町の前にはパークライド駐車場がありました。このへんは、近鉄から三岐鉄道に変わった北勢線が再生した方法と似ています。

富山ライトレール大広田駅

富山ライトレール大広田駅

富山ライトレール大広田駅

- -

Copy Ridht © 2006 ToyTrain All Rights Reserved.