Clip & Scrap

川崎河岸駅

2002/12/08 Sun 11:23 +09:00 廃線跡 > 川崎河岸駅

川崎河岸駅

これも南部支線に行ったときに寄ったものです。他のホームページで紹介されている有名廃線跡ですね。矢向駅から多摩川に向かって線路がありました。こんな短い路線が存在したのは、南部鉄道や系列の青梅鉄道などの建設で多摩川の砂利が必要だったからなのだろうか?

川崎河岸駅

矢向駅の川崎寄りには側線が残っていて工事用の車両が止まっていて、どうやらここから線路が分かれていたようです。しばらくは昔走っていたという跡はない住宅が続きます。一カ所だけ線路があったと証明できる場所がありました。枕木の柵が続いているのでそうに違いありません。

川崎河岸駅

しばらく進むと突然カーブした公園が現れます。どうやら公園があるところから川崎市、公園のない住宅になったところから横浜市になるようですね。公園はずっと続いていて、ここが昔線路があった跡のようです。途中のタイルの飾りに「川崎河岸駅」のホームがありました。これも他のホームページで見たものです。

川崎河岸駅

川崎河岸駅

川崎河岸駅

さらに公園を進んでいくと急に広くなります。ここが駅舎跡なんでしょう。川崎市電の車庫跡の公園と同じで、ここも青いテントが並んでいてホームレスの住処となっているようです。動物を飼っていたりしてかなり長く快適に暮らしているように見えます。

川崎河岸駅

- -

川崎河岸駅跡

2009/04/27 Mon 01:51 +09:00 JR東日本 > 南武線

川崎河岸支線

川崎に向かってチャリで走っていると、見たことのある册擦魏C任靴泙靴拭あれっとUターン。戻って確かめると南部線の川崎河岸駅へ行く廃線後の册擦任靴拭終点の河岸駅に向かって再度行ってみました。まあ、前に行ったときと同じです。SLの形をした遊具があったのでEM-ONE撮ったのですが、逆光で色はよくありません。

川崎河岸駅跡

- -

Copy Ridht © 2006 ToyTrain All Rights Reserved.