Clip & Scrap

ピーコック

2002/10/27 Sun 11:35 +09:00 その他私鉄 > 東武鉄道

ピーコック

南武支線に行った後、萩中公園に東武鉄道のピーコックがあるというので、産業道路を走って行ったみました。ピーコックは明治の鉄道創成期、優等旅客列車を牽いたネルソンとともに大活躍した英国製蒸気機関車。ここに保存されていたのはボイラーが角張ったタイプ。優美で有名な5500と比べるとちょっと武骨な感じの5600と似ています。5600は東北線が日本鉄道だった当時に英国から輸入した蒸気機関車ですね。

萩中公園に保存されている東武鉄道のピーコックは型式B-3。確か5500と同型のB-1は東武交通博物館内に保存されていたと思います。それと近鉄ナローの北勢線を引き継ぐ三岐鉄道も東武の蒸気機関車を展示することを予定していると雑誌で見ました。

ピーコック

ピーコック

その他に軌道モーターカーやピンク色に塗られた都電も保存されていて、軌道モーターカーは加藤製。東海道線尼ヶ崎→城東線玉造駅(大阪環状線)→姫新線東觜崎駅→大船工場と活躍したと書かれていました。

萩中公園

萩中公園

萩中公園には消防車やバスなどもたくさん並べてあって、どれも柵などはなく自由に乗り降りできて触れるのが面白い。だから都電やバスのガラス窓のガラスはなくなっていました。特に面白かったのが舟を砂場に埋めてあったことです。初めてこんな方法を見ました。いいんじゃないかと思います。

萩中公園

- -

EB10-1

2003/09/29 Mon 02:25 +09:00 JR

EB10

下河原線の廃線跡を利用した緑道へ行こうと思って府中へ。いつものように地図を見てだいたいの位置を頭に入れ、緑道をさがせばわかると出かけました。行ってみると府中は緑道が多いですね。それで下河原緑道がわからなくなったときに都電の車体が目に止まりました。近くに行くと「府中市立交通遊園」でした。

都電は6000型。屋根がついていないので、かなり傷んでいました。もっと奧にD51が見えました。デゴイチで親しまれて数も多かったので保存されている数は多いですね。ここにもあるのかぁと近くに行くとその横にも小さなものが。EB10-1でした。これは知らなかったのでビックリ。EB10-1といえば天賞堂のプラスチック車体のモデルを買いました。それもあってちょっと感激。運転室も自由に入れていいのですが、写真を撮った側のプレートは付いていましたが、反対側は付いていませんてした。盗まれたのかな……。

EB10は初めに蓄電池機関車AB10として昭和2年に製造。その後、パンタグラフを付けて電気機関車に改造され、国鉄最小で有名。製造は東京芝浦電気と汽車会社。向ヶ丘遊園まで走っていた豆電車も蓄電池機関車で製造は東芝車両。共通点がありますね。

EB10 D51
左/ED10-1の室内 右/ED10-1の隣はD51
都電 京王バス
左/都電6000 右/まだ新しい京王のバス

- -

柳通りと目黒競馬場跡

2005/04/24 Sun 22:54 +09:00 都電

目黒川

目黒川と言えば桜の名所。上の写真は目黒通りの目黒新橋から見た渋谷方面の桜。きれいでした。この橋を渡って天現寺から市電が走っていたそうです。天現寺から目黒新橋を渡ったところで目黒通りから別れたそうです。和14年に市電は廃止。その跡が柳通りなんだなんだそうです。

柳通り 柳通り

目黒記念として名が残っているように目黒には競馬場がありました。現在もバス停に元競馬場前があり、目黒通りには祈念碑が建てられています。競馬場の走路の跡がそのまま道路になっているところがあるというので行ってみました。下の写真が走路跡の道路です。本当にきれいに円になっていて、180度方向が変わります。ところどころ写真を撮ったのですが両側が住宅街のため、みんな同じ風景なので2枚だけ載せます。

目黒競馬場 目黒競馬場

目黒競馬場 目黒競馬場

競馬場のあったあたりは「目黒競馬場跡」が残っていて、左は小さな公園の桜の木の横にたてられていた目黒競馬場の写真を拡大してみました。右は不動小学校に建てられていたもの。

- -

王子飛鳥山

2007/04/06 Fri 05:00 +09:00 都電

飛鳥山公園

昼頃に会社を出て王子飛鳥山へ花見。土曜日ということもあって、昼から人出がだんだん多く。都知事選の真っ最中、石原陣営が握手をしてまわっていました。たすきを掛けているのは国会議員の息子。身内問題で問題になっているのだから、本人が出てくればいいいのに……。

王子駅周辺には都電を撮りにきたり、北区の軍用線跡や飛鳥山公園内にある紙の博物館に来たことがあります。都電とD51が保存してあることは、そのときに行ってわかっているので、駆け足で花見の後のぞいてみました。

前は青空の下の保存だったのですが、屋根ができていました。以前は塗装も色褪せていたのですが、今回は塗装したばかりのようでピカピカ。屋根もできたばかりのよう。以前の様子は「都電飛鳥山界隈」に載せています。

飛鳥山公園SL

- -

神明都電車庫跡

2014/09/08 Mon 12:49 +09:00 都電

神明都電車庫跡

神明都電車庫跡

以前、平日に都電荒川車庫に行ったら、都電おもいで広場は平日は閉まっていて、土・日・祝日のみ開館でガッカリ。それで荒川車庫以外の行ったことのない保存車をぶらぶらして見ました。。

まず神明車庫跡。駒込で下車して徒歩で神明都電車庫跡公園を目指します。通りに面して公園があるのかと思ったら勤労福祉会館の裏で、車体は少ししか見えませんでした。公園の隅に高い柵で囲われた中に、都電6000形と、貨物車の乙2号が保存されていました。乙2号は記帳です。高くて太い柵が車体に隣接してあって、撮るには厳しいです。出入り口に段差があったので、以前は中に入れたのかも。もう少し柵が車体から離れているといいのですが。

駒込駅に戻り大塚駅に。ここから荒川線に乗り、荒川車庫に向かいます。

都電大塚駅

- -

Copy Ridht © 2006 ToyTrain All Rights Reserved.