Clip & Scrap

沼尻鉄道のパーツ

2009/08/11 Tue 00:53 +09:00 軽便 > 沼尻鉄道

ボサハ12トラス棒 ボサハ12台車

ボサハ12連結器 DC121製造プレート

ボサハ12 DC121ナンバープレート


沼尻鉄道の廃線跡の話もこれで終わりです。最後に緑の村に保存されている沼尻の車両の台車、連結器、他の部分アップの写真です。後で作るとまの資料になるように、部分の写真を撮るのが癖。

川桁から酢川あたりまでは現在でも線路は敷けそうだし、磐梯山の眺めもいい。復活させて走らせてもいいんじゃないかと思うけど……。JR川桁駅の周りがあまりに寂しいし、せめて緑の村から沼尻鉄道の跡地に車両を移動してほしいのが個人的な感想です。

- -

JR宇都宮駅

2009/08/13 Thu 03:49 +09:00 JR東日本 > 宇都宮線

107系

キハ40毘沙門天川桁から沼尻駅跡まで行ったときに撮った写真です。初めに行ったときの帰りの宇都宮駅。レトロな塗装の車体が離れたホームに止まっていて、よく見ると107系。通常の塗装ではなく日光線に合わせてレトロ調にしたのですね。普通の107系のグリーンとピンクの帯の塗装は、個人的に好きではなかったのでこれは良い。

近くのホームには烏山線のキハ40がエンジンの音を響かせていました。電車が多くなってしまったので、ディーゼルの音を聞くのも久しぶり。この車体の正面と横には「毘沙門天」のイラスト入り。車両ごとに違うイラストなのかも。発車間際だったので先まで行って確かめることはできませんでした。

キハ40

- -

JR黒磯駅/快速フェアウェイ

2009/08/16 Sun 10:51 +09:00 JR東日本

快速フェアウェイ

快速フェアウェイ女性専用車2回目に川桁に行っときは、土日だけ新宿から6:24に出る「快速フェアウェイ」黒磯行きを利用。快速料金510円。旧国鉄色の485系でした。車内も当時のまま。利用者は思ったより多かったです。多かったのがゴルフバッグを持った男性。那須あたりはゴルフ場が多いし、車でいくよりいいかも。あと女性のおばさんツアー客。

黒磯で直流から交流に変わるので、ほとんどの列車は、黒磯止まり、黒磯発。黒磯で各停に乗り換え郡山。郡山で快速あいずで猪苗代へ。川桁は通過です。快速あいずは外装も内装も新しくなってきれいでした。

107系どちらも臨時で上野から会津若松までの特急にも使われているようです。快速フェアウェイの485系は新宿発のムーンライト越後にも使われているようで、黒磯寄りの先頭車は女性専用で、シートの色もエンジ色に変わっていました。

左の写真は107系のJR東日本標準色。私、どうもこの色は好きじゃないです。日光線のレトロ調塗装はいいと思いましたが。

- -

JR黒磯駅/電気機関車他

2009/08/16 Sun 11:21 +09:00 JR貨物

JR黒磯駅には貨物用電気機関車が集結しているようで、郡山までの普通列車を待っている間に、EH500金太郎とEF210桃太郎がたくさん見られました。郡山まではワンマンの701系。車内にはバスのような料金表。新幹線や特急では見ることはできないでしょう。ゆっくり行くのもいいものです。

EF500

EF210

金太郎 桃太郎

719系

- -

JR郡山駅の赤ベエ

2009/08/20 Thu 02:11 +09:00 JR東日本 > 磐越西線

485系

赤べえ宇都宮から郡山まで在来線で行き、ホームで待っている磐越西線の485系快速あいづに乗り換え。新宿からの485系快速フェアーウェイと違い、内外を改装。椅子もフワフワしたものになり、椅子の間も広くなり、ゆったりとした座り心地。快適でした。川桁は通過。猪苗代駅で下車して川桁まで折りたたみ自転車で。前に緑の村まで来ていたので、2度目は楽でした。

常磐西線は485系も普通列車の719系も、塗装は赤と黒。車体横に赤い牛のキャラクターが描かれていました。初めは何かわからなかったのですが、後で「赤ベエ」という名前ということがわかりました。

719系

- -

JR郡山駅のディーゼル

2009/08/22 Sat 02:08 +09:00 JR東日本

郡山で見たディーゼルです。キハ110は何回か見たことがありましたがキハE130は初めて。外観も塗装もいいですね。キハ110は磐越東線。小野新町までの列車が多いようです。キハE130は水郡線。水戸までの列車です。時刻表を見ると水戸まで3時間以上でした。

キハE130

キハ110

- -

東京ビックサイトJAM2009

2009/08/23 Sun 22:53 +09:00 模型

JAM09

JAM09江ノ電

東京ビックサイトで行われたJAM2009に行って来ました。第1回と2回に行ったと思います。その後しばらく行かなかったので久しぶり。メーカー以外のレイアウト関係の参加が多くなったと感じました。今回は高校のレイアウトコンテストも兼ねていすたようです。目立つのはBトレインショーティを走らせているところが多かったこと。手頃な価格なことからかも。それとパソコンの制御。面白かったです。

帰りにここまで来たら実物大ガンダムを見てみたいとお台場へ。こっちはイベントをやっていて人が多いてすね。レインボーブリッジの周辺に屋形船がたくさん出ていてきれいなので、しばらく見ていました。完全に暗くなって、ペアの浴衣姿など、さらに人が多くなってきたのでガンダム実物大は見ないで帰ってきました。

お台場

- -

JR青梅駅

2009/08/30 Sun 11:11 +09:00 JR東日本 > 青梅線

運転台から201系

5月と7月、奥多摩へ2回行って来ました。カミサンに言わすと「あなたは2回同じところへ行く」と。そういえば熱海も沼尻もそうでした。1回目は下調べと。事前の準備が無いこともあるのかも。

7月に行ったとき、立川駅からずっと駅に鉄道ファンのカメラがホームの端に並んでました。何か走るのかなと見ていると向こうから201系のオレンジ色の車体が。これを目的かなっ、思ったけどまだホームや沿線にカメラが。

201系四季彩

奥多摩へ行くにはホリデー快速以外は青梅で乗り換え。乗り換えの奥多摩行きを待っていると見慣れない塗装の電車がヘッドマークを付けて入ってきました。ヘッドマークには「さよなら四季彩ありがとう」、塗装はもう1種類あったようです。車内はクロスシート、知りませんでした。どうやら四季彩のさよなら運転を撮るために、ホームや沿線で待っていたようです。

青梅駅立ちそば

JR青梅駅はかなり前に、青梅鉄道公園に何度か行ったときに降りました。青梅鉄道公園はこぢんまりしていて好きでした。その当時は普通の駅だったのですが「昭和の街 青梅」のイメージに駅も合わせたのですね。駅そばも右から左の文字に、看板、券売機の錆びはウエザリング?。駅の構内も外も手書きの看板があふれています。レイアウトの駅の看板は、これを複写すればそのまま使えるかも。

奥多摩へ行ったのは東京都水道局小河内線跡に行くためです。いつものように少しずつ掲載していきます。

青梅駅看板/洋 青梅駅看板/和

- -

Copy Ridht © 2006 ToyTrain All Rights Reserved.