Clip & Scrap

環七

2003/01/19 Sun 10:41 +09:00 東急 > 東横線

昨年の5月ごろからにマウンテンバイクを譲ってもらったので遠くまでいけるようになりました。それまでの変速がない中国製の重いママチャリだと坂道は降りないと走れませんでした。少しずつ遠くまで足を伸ばし、前に掲載した「東武のコッペル」は環七を走っていきました。その前にも途中まで行って場所がわからずに戻ってきました。それから小さな地図を買い求め、再度チャレンジしたのです。環七はいくつかの鉄道と交差しています。途中で降りて撮影しながら行きました。

 環七

まず東急東横線を越えます。東横線が堀割になっているので、車だと気が付かないかも。碑文谷工場があった跡の方向を撮影。現在道路の補修工事中のため網のフェンスで被われています。続いて東急世田谷線の若林踏切。

東急世田谷線

小田急は世田谷代田駅の横をくぐります。踏切もあって、線路際は見通しが良く比較的撮影できる場所です。次は京王線。道路の上を見ていないとわからない感じ。

小田急

京王線

JR中央線も道路の上を線路が走っています。総武線も併走しているのでここは気が付かないということはなさそう。

JR中央線

問題は西武鉄道の新宿線と池袋線。線路の下をくぐるのですが車道だけで、歩道はないのです。両方とも。だから迂回して踏切を渡ることになります。しかもすぐ近くに踏切はないのです。

西武鉄道

西武鉄道

東武鉄道は問題はなし。写真は環七ではなく離れたところの踏切です。

東武鉄道

そして都営地下鉄三田線の線路を越えたところに城北交通公園はありました。家の近くの東急目黒線に乗り入れている三田線の車両と再び御対面というわけです。蓮沼駅で都営の車両は撮らなかったので、この2両並んだ写真は武蔵小杉のカットです。蛍光灯がパターンのように写込んでいたので撮影。

都営地下鉄三田線

まあ、時間の空いたときに遠くまでマウンテンバイクで走ったおかげで体重は減りました。お腹が締まってベルトの穴が減りました。

- -

リベンジ

2004/08/01 Sun 02:12 +09:00 その他私鉄 > 西武鉄道

夏の暑い土曜日、昨年秋に行ったけどデジカメをなくしてしまった西武の休止線である安比奈線にリベンジで行ってきました。川越駅で出会った八高線の高麗川行きと西武の写真を載せておきます。安比奈線の写真はどうしようかと思案中です。

八高線

西武鉄道
このポイントから左に別れるのが安比奈線

- -

高速バス/西武安比奈線

2004/08/29 Sun 02:05 +09:00 その他

高速バス

忙しいので土日に帰省。いつもは迷わず長野新幹線なのですが、今年は高速バスです。これまでもあることにはあったのですが夜行で数本。春から昼に約1時間おきに走るようになり、なんと実家の近くに高速バスの停留所があるのです。歩いてすぐ。

新幹線に比べて倍の時間はかかりますが料金も半額。新幹線片道の料金で、高速バスなら往復できる計算です。新幹線のできる前の在来線の特急に乗っている時間と同じ、新幹線だと駅からタクシーに乗らなければならないことを考えれば気になりません。春休みに息子とカミサンたちが先に乗っていました。「いいよっ」と。

新幹線はいつも自由席。行き当たりばったりでした。高速バスだと予約の必要があります。インターネットでアクセス。会員登録が必要で、名前で登録しようとすると既に登録済の返事。多分、息子たちに先を越された。別の名前ですんなり予約が取れました。

新宿バスターミナルに行くと2台止まっていました。お盆とあって増発です。運よく増発の方。10人も乗っていません。もう一台は定員満席。空席が多く、どこでも座っていいと言うので楽でした。客が少ないので降りる人も少なく、途中で先行する定員満席のバスを追い抜き快走。時刻表より20分ほど速く着きました。

次の日曜日にカミサンのお母さんが入院しているので見舞に。カミサンと先に行っていた娘と一緒に夜、また高速バスで帰ってきました。こちらも満席。増発はありませんでした。

月曜日は仕事。夕方カミサンから電話で、お母さんが亡くなったというのです。あちこち電話で事情を話し、火曜日の朝速く、また娘を連れて引き返すことになりました。高速バスは満席で予約はとれず、新幹線になりました。通夜、葬儀が無事終わり、また子供たちを連れて東京へ。 さすがに速い方がいいので「新幹線で帰ろっ」になりました。帰ってから仕事が溜まっていて日曜日も出勤。そんなわけで更新に手が付きませんでした。

とりあえず西武安比奈線の定番的な有名な写真を掲載しておきます。説明はいらないでしょう。 やっと普通の生活に戻りつつあります。

西武安比奈線

西武安比奈線

西武安比奈線

- -

西武新宿線

2006/05/21 Sun 02:18 +09:00 その他私鉄 > 西武鉄道

西武新宿線

ハードディスクを整理して出てきた写真です。仕事で新井薬師駅に行ったときに撮ったもの。携帯のデジカメで撮ったことと、何か気に入らなくてハードディスクに残っていたのだと思う。多分去年の6月か7月。西武線沿線には縁がなく、乗る機会があまりなくてとりあえず撮った感じかなっ。踏切を渡って仕事先に行く必要があったのですが、なかなか開かない踏切でした

西武新宿線

- -

西武山口線

2007/12/31 Mon 00:35 +09:00 動画 > ベータマックス



新交通システムに変わる前に、遊園地前とユネスコ村を結んでいた西武山口線の動画です。この動画の台湾の精糖専用線で使われていた蒸気機関車より、頸城鉄道を走っていたコッペルの方が個人的には好きです。

遊園地前では機関車を付け替える必要があって、一度客車を押して進み、切り離して客車のみがハンドブレーキを操ってホームへ。その後蒸気機関車が戻ってきて客車を連結という方法をとっていました。

西武山口線

- -

秩父に

2008/05/12 Mon 00:33 +09:00 秩父

芝桜

廃貨車 ゴールデンウィークと次の休みに秩父に行ってきました。一度見てみたいと思っていた「入川森林軌道跡」を目指したのですが、ゴールデンウィークは入川渓谷ではなく中津川渓谷へ行ってしまいました。バスの本数が少ないので簡単に引き返せないので次の休みに。私は免許を持っていないので鉄道の他は、バスか徒歩、チャリでしか移動手段がないのです。

ゴールデンウィークの最後の6日、天気もいいので羊山公園の芝桜を見てから秩父鉄道のお花畑駅へ。徒歩でお花畑駅に向かう途中、緑色に塗った貨物廃車体が倉庫に使われていました。秩父鉄道の廃車体でしょうか?。

お花畑駅から三峰口駅への秩父鉄道には、C58が牽くパレオエクスプレスがゴールデンウィーク中は走っていました。「昨日の方がお客が多かった」とか駅員さん同士で話しています。以前、秩父鉄道は熊谷駅から寄居駅の間を乗ったとき、元国鉄101系は秩父鉄道色でしたが、今回はJRの塗装を復活させたものでした。

何回かに分けて載せていきます。下は芝桜を見るために降りた横瀬駅のホームで撮ったニューレッドアロー。

西武秩父号

- -

西武鉄道多摩川線

2010/11/27 Sat 22:41 +09:00 その他私鉄 > 西武鉄道

西武鉄道多摩川線

前に知られざる軍都東京という本に従い、王子周辺、千葉に行ったことを書きました。そのときに調布飛行場の近くにも掩隊壕が残っていることをしりました。夏に本屋で続刊の知られざる軍都多摩・武蔵野を歩くがあったので購入。調布飛行場の掩隊壕や、長津田のこどもの国などが出ていました。

調布飛行場には以前、道に迷い偶然出たことがあります。そのときは野川公園の近くとは知らず、西武多摩川線と兼ねて行ってみました。11月も半ばをすぎると4時過ぎには暗くなり始め、しばらくすると真っ暗になります。野川公園に着いた頃は日があったのですが、掩隊壕近くでは暗くなり始め、多摩川線に近づくと真っ暗に。なんとか見られるのが上の写真。

掩隊壕

掩隊壕

掩隊壕は野川公園の正門に回ると、以前出た近藤勇の生家に出て道路を渡ると調布飛行場。野川公園のすぐ近くだった。前は飛行場の周りは雑木林だったけど、味の素スタジアムなどもできてきれいに整備されていました。広い道路もむ工事中でした。前は、掩隊壕は雑木林の中に隠れていたに違いない。2つ飛行場が見えるすぐ近くにあります。ひとつの横には戦闘機「飛燕」の模型がありました。見るのなら茂原の方がいいですよ。

- -

西武石神井公園駅

2012/02/27 Mon 00:22 +09:00 その他私鉄 > 西武鉄道

西武石神井公園駅

石神井公園のふるさと文化館に行かなければならないことに。降りるのは初めて。手前の練馬高野台へは息子が部屋を借りたので、昨年に行ったことはあります。渋谷から副都心線で向かうと乗り入れているのはほとんど東武の車両。小竹向ヶ原とか乗り換えは向かいのホームに泊まっていたので便利。

石神井公園のボート池は掘ったものということなどふるさと文化館に出ていました。それと目に入ったのは練馬大根を漬けていした大きな樽。中に大人が立って入れるほどの大きなもの。裏の移籍とかも見て帰りました。

石神井公園ふるさと文化館

- -

Copy Ridht © 2006 ToyTrain All Rights Reserved.