Clip & Scrap

帰りは常磐線相馬駅経由

2022/04/23 Sat 13:03 +09:00 JR東日本 > 常磐線

仙台駅に戻り、東北本線の旧線の駅、利府に行こうと時刻表を見ると1時間以上後。それなら福島駅に戻り、福島交通飯坂線に行った方がいいと判断。4月14日から新幹線も一部徐行で復旧しましたが、私が行ったときは福島〜仙台は不通。それを補う形で、在来線の東北本線はE653系特急車を使って、普通乗車券だけで乗車できる臨時快速列車を走らせていました。

仙台駅のE657系特急

E657系特急 相馬駅

帰りも同じだと思ってホームに停車している臨時快速に乗車して着席したらE657系特急車でした。間違えたと下車しようとデッキに行くと、慌てて乗車してきた爺さん(私も爺さんだけど…)とバッタリ。

「これ何行きだぁ〜」と聞いてきて通路をブロック。すり抜けたら乗車扉が閉じて「次の停車駅は相馬です」とアナウスが流れて事態を理解しました。原ノ町駅始発の常磐線特急品川行が臨時快速で仙台まで来た、折り返しの列車だったのです。

相馬駅

相馬駅

走り出したからしょうがない。相馬まで乗って行くことに。地震の影響で途中徐行。それもあって約1時間で相馬駅着。駅の時刻表を見ると1時間後に同様の臨時快速仙台行が来ることがわかり、それで戻るしかないと腹を括る。結局、往復2時間以上無駄にしたわけで、福島駅へ着いたら夜8時過ぎ。予定していた福島交通飯坂線に行けなくなってしまったのです。

福島駅

福島駅

福島駅

- -

JR仙山線・山寺

2022/04/22 Fri 13:39 +09:00 -

仙石線は山形行は1時間に1本。他は愛子行なので、愛子駅で次の列車が来るまで写真を撮っていればいいやと乗車。乗った車内放送で、愛子駅は「あいこ」ではなくて「あやし」と言うことを知りました。難読駅ですね。

仙山線は単線ですが仙台近くは大学もあって通勤・通学圏。新しい駅も多く、駅間も短め。朝だったので満員でした。それもあってか遅延の連続で「次の列車も当駅で列車交換いたします」と。

JR仙山線・愛子駅

JR仙山線・愛子駅

愛子駅手前でほとんど下車して空席ばかりに。次の山形行は、沿線の桜の横をやってきました。発車すると登坂が続き、車窓は険しい景色が続く。長いトンネルの中で「列車交換のため停車します」とのアナウス。窓の外に交換用の線路が見えました。トンネルを出ると下り坂になり山寺駅。芭蕉の俳句で有名な立石寺の最寄り駅です。改札に「奥の院までの参拝は2時間かかります。」の貼り紙。みんな質問するんだね。

JR仙山線・山寺駅

JR仙山線・山寺駅

時計は12時近く。2時間かかるみたいなので、駅前の山形板そばの店で食事。天ぷらそばを注文。2000円以上で高かったけど、上手かったです。まぁ、この値段なら上手くないと困るけど。立石寺の入口まで、そば屋と宿屋が続いていました。

立石寺

立石寺

立石寺

入口を入るとずっと石段。四国の金毘羅さんも凄かったけど広い整った階段。榛名神社も登山道のようだったけど途中に平坦な道があった。立石寺は平らな道がなく巨岩の間の階段が続く。日影には残雪が…。奥の院を参拝して五大堂。ここから眼下にパノラマが開けます。山寺駅や川を渡る仙山線の橋脚が良く見えました。時刻表を見ると上下線が通るようなので待つことにしました。

JR仙山線・山寺駅

JR仙山線・山寺駅

山寺駅には使わなくなった転車台が、橋の近くにはニュースで見た覚えがある大鍋が見えます。上下線を撮って下山。日陰で休んで時刻表を見ると、また来るよう。橋の近くに行って撮りました。河原に降りて撮った方が良かったかな。

JR仙山線・山寺駅

山寺駅に戻り仙台行を待ちます。仙台方向から来る電車は、始めパンタグラフが見えて、だんだん車体が見えてきます。それほど急坂でした。

JR仙山線・山寺駅

JR仙山線・山寺駅

- -

仙石線で松島海岸駅

2022/04/21 Thu 11:47 +09:00 JR東日本 > 仙石線

次の日は予定通り仙石線に乗車して松島海岸へ。あおば通駅は複雑なので避けて、仙台駅から。改札を走ると海側へ長い通路を歩くと仙石線乗り場です。来たのは多賀城行き。見慣れた205系3100番台電車が2色のブルーの帯でやってきました。通勤・通学時間なので満席。途中、4両が各々色が違う列車と交換しました。

高架駅の多賀城で次の列車を待ちます。仙石線は30年位前に、三陸線に向かったとき乗車。その時は高架ではなかったはず。次にきたのは東釜石行。東釜石駅手前から海沿い工場と漁港が見えるようになります。東釜石からホームは地上になり石積の古い造りです。トイレに行っていたら、1本乗り過ごしました。

次に来たのが4色のラッピング編成でした。ラッキー。海沿いを走り、山側には東北本線のレールが見ながら、苔生したトンネルを抜けて松島海岸駅へ。駅舎は新しく見晴台から湾が見えました。

前に仙石線に乗ったときは通過だったので、今回は下車して海近くへ。道路や護岸は綺麗なので震災後に整備したのでしょう。観光船と松島離宮は今回はパス。駅に戻って4色のラッピング編成の>石巻マークに乗車。そうしたら1両だけ流行の2ウェイシート車でした。知らなかった。途中でもう1両とすれ違ったので、2編成あるようです。紫色だけ紫外線に弱いのかマークが薄くなっていました。仙台駅に戻り仙山線乗り場へ。

JR仙石線

JR仙石線

JR仙石線

JR仙石線

JR仙石線

JR仙石線

JR仙石線

JR仙石線

- -

2021年4月 JR水郡線の矢祭山

2022/04/20 Wed 11:32 +09:00 動画

東北の耶馬渓と言われ、春には桜が咲き誇る矢祭山公園。
JR東日本の水郡線矢祭山駅で下車してすぐの所にあります。
2021年4月6日に訪問。
動画はそれほど撮っていなかったので、そのままにしておきました。
連写撮影した静止画を繋げればタイムラブスのようになるかと
編集してみたら、こんな感じになりました。

- -

仙台市地下鉄

2022/04/19 Tue 11:35 +09:00 北海道・東北 > 仙台市地下鉄

仙台空港液から長町駅で下車して仙台市地下鉄南北線に乗り換え。南北線はグリーンのイメージ。あおば通駅で下車してブルーのイメージの地下深く走る東西線に乗り換え。両線とも乗車扉の窓が円形になっていました。あおば通駅はJR仙石線にも乗換えられる駅で、地下が何層にもなっていて方向感覚を失います。

東西線で片方の終着駅、八木山動物公園まで乗車。車内が都営地下鉄大江戸線に似ている感じ。下車して先頭車両と線路を見ると、大江戸線と同じリニア駆動でした。途中で屋外を走ります。夜になっていたのでホームに出るのを止めました。駅の電飾看板に屋外を走る写真が有りました。多分、こんな感じかな。

また、あおば通駅に戻り宿泊予約をしているホテルへ。

仙台市地下鉄南北線

仙台市地下鉄東西線

仙台市地下鉄東西線車内

仙台市地下鉄東西線電飾

- -

仙台空港鉄道・仙台空港アクセス線

2022/04/18 Mon 00:03 +09:00 北海道・東北 > 仙台空港アクセス線

船岡駅に戻り、名取駅から仙台空港鉄道・仙台空港アクセス線に乗り換えることにします。槻木駅に停車すると、ホームに地震で全線休止中の阿武隈急行の8100系電車が見えました。あわててホームに降りて撮影。名取駅で仙台空港アクセス線に乗り換えるとすぐ終着仙台空港駅。

4両編成はJRと仙台空港鉄道、ほぼ同型の2両ずつを連結。は両社で異なるカラーリング。個人的には空港線のカラーが好きです。また、JR東北線の交流電車のカラーと塗分けも、個人的には好きではなくて、空港線のカラーの方がいいと思います。

阿武隈急行の8100系電車

仙台空港鉄道・仙台空港アクセス線

仙台空港鉄道・仙台空港アクセス線

仙台空港鉄道・仙台空港アクセス線
左:仙台空港アクセス線 右:JR東日本東北線

- -

白石川堤一目千本桜と東北本線

2022/04/17 Sun 20:57 +09:00 JR東日本 > 東北本線

船岡駅から白石川には、跨線橋を渡ると長い桜並木が、すぐ目に入ってきます。歩道橋が
続き、渡ると左右に絶景。東北本線に沿って堤の桜が、隣の大河原町駅まで続くのです。東北本線を越して船岡城趾に行くことができる「しばた千桜歩道橋」が鉄道との撮影ポイント。近づくと多層の歩道橋で、すでにカメラを構えている方がたくさん。

福島沖地震で新幹線が不通。代替として快速列車が東北本線と常磐線に走っていました。、どちらも特急車を使った運用。それに加えて貨物列車が多数走っていました。桜と一緒に咲いている黄色の花はレンゲキョウ?。歩道橋は多層になっているので、位置を変えて撮影しました。

>橋を渡ると「樅の木は残った」で有名な船岡城跡。山頂には平和観音が建てられています。急坂なのでケーブルカーがあるのですが長い列。上からの眺めが絶景と聞いていたので歩いて登ってみました。緩やかな坂と急坂があって、緩やかな方を選択。それでもキツイ。帰りに急な方で降りたら、本当にすごく急坂でした。

白石川堤一目千本桜と東北本線

白石川堤一目千本桜と東北本線

白石川堤一目千本桜と東北本線

白石川堤一目千本桜と東北本線

白石川堤一目千本桜と東北本線

白石川堤一目千本桜と東北本線

白石川堤一目千本桜と東北本線

白石川堤一目千本桜と東北本線しばた千桜歩道橋

船岡城趾ケーブルカー

船岡城趾平和観音

- -

ED71電気機関車

2022/04/15 Fri 12:44 +09:00 JR東日本 > 東北本線

船岡駅手前の右側に、電気機関車と客車が見えました。改札で聞くと「あれは浮浪者の溜まり場だよ。ボロボロ。」と。船岡駅までの往復乗車券を購入しただけなので、これから先の移動用に“仙台まるごとパス”も船岡駅で購入。2日間使えて2,720円。主な乗車区間は下記です。

・東北本線 白石〜松島・利府
・仙石線 あおば通〜松島海岸
・仙石線 船台〜山寺
・阿武隈急行 仙台〜あぶくま
・仙台地下鉄 全線
・仙台空港線 全線
・その他、仙台市営バス、るーぶる仙台循環バス、宮城交通バス

気になった電気機関車と客車を見に移動。近くの公園に金網で囲まれて保存してありました。電気機関車はED71、客車はオハフ61。以前は中に入れたようで、窓は開けたままだったり、屋根は剥げている部分も見られます。電気機関車も無残な状態でした。

JR船岡駅

JR船岡駅

JR船岡駅

JR船岡駅ED71

JR船岡駅

JR船岡駅

- -

Copy Ridht © 2006 ToyTrain All Rights Reserved.